ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<今日の様子>
実はお薬が、種類数・量ともに増えてしまいまして、今までの2~3倍になってしまいました、はっはっはっ(T▽T)。

drag22nana.jpg
粉だらけ~。抗トリコモナス剤も増量。

前回までの量でも全部食べさせるのにあんなに苦労したのに、またまた増えちゃってどうしよ~(T T)と思っていたのですが、ブロッコリー+豆腐+薬の組み合わせはなかなか好評で、ミルワームの次くらいに食べっぷりがいいです\(*^▽^*)/。お薬の量が増えたのにこの食べっぷり♪このままブロッコリーで固定してくれると嬉しいですけど、気まぐれナナのことだからどうなるか(笑)。
今日は涼しかったせいか、それともギョウチュウ駆除剤が効いたせいか、けっこう元気そうでしたv(^ ^)v。

Nana-Kiseichu19.jpg
ひま種よりも効果があるなんて驚き!

<ネズミ大腸ギョウチュウについての調査報告>
おととい(7/17)の通院の検査結果を書き損ねていたので、まずはそこからご報告します。とりあえず今日はナナに検出されたネズミ大腸ギョウチュウから。

【通院前の様子】
通院の2~3日前からなんだかまたナナの調子が悪そうで、ぐったりしている気がしました。大丈夫かな・・・と心配していたら、やはりトリコモナスが前回の10倍近くに増殖していました。
体重が急激に下がることはありませんでしたが、食欲も減退気味になり、毛づやが悪くなりました。

【新たな寄生虫~ネズミ大腸ギョウチュウ~】
今回の検便で、ナナに新たにネズミ大腸ギョウチュウが検出されました。ギョウチュウは小学生の時に検査したけれどその実態についてはほとんど知らなかったので、新たに調べなおしてみました。獣医さんに伺ったことと調べてみたことを下記にまとめてみました。

・ナナに見つかったギョウチュウはネズミ大腸ギョウチュウ
・このギョウチュウはドワーフハムにごくまれに見られることがある
・(最近関東を中心にじわじわ広まりつつあるらしい???)
・かかりつけの獣医さんも実際に検出したのは初めてと言っていた
・ネズミ大腸ギョウチュウの資料1
資料2(このページの下の方に成虫と卵の写真があります)
・一般に無症状で、重度感染で軟便、下痢、体重滅少、被毛粗剛等がみられる
・肛門付近ではなく、腸の中に産卵するタイプのギョウチュウ
・感染経路はフン→口の感染
・母体感染または集団飼育による感染
・潜伏期間は2~3週間。その後に産卵をはじめる
・有性生殖(卵)で増殖する→成虫・卵の両方をやっつける
腸壁を食べるので、腸管が荒れる
・ギョウチュウ単独ではほとんど影響がないが、ほかの感染症や病気を併発すると個体に影響を与えることがある
通常の消毒薬は無効(高濃度塩素の中で数分おいてやっと死滅するくらいに強い)(資料3)
・熱湯消毒をする必要がある(トリコモナスと一緒)
・イベルメクチンやフェンベンダゾール等の駆虫薬の投与を行う
人間にも感染します

幸い、ギョウチュウには有効なお薬があり、2~3日の投与で成虫の80%を駆除できるそうです。このお薬はハムスター自体の体内には吸収されず腸管内から線虫類(ギョウチュウ)を一掃する効果があるそうです。

Nana-Kiseichu20.jpg
暑いのはわかるけど・・・その寝方は心臓に悪いからやめれ・・・しゃれになら~ん(T T)

<トリコモナス異常繁殖のひきがねは・・・このギョウチュウ!?>
ナナに見つかった腸トリコモナスは腸管壁の細胞に寄生する寄生虫なのですが、ハム個体が健康で免疫力が高い場合には異常繁殖はしません。しかし今回、ナナの腸内でトリコモナスが異常繁殖をしてしまいました。
トリコモナスは、
・ケージ内の温度が高すぎたり、不潔だったりなどの環境が悪い場合
・ハム自体の免疫力が著しく低下した場合
などの場合に異常繁殖します。この免疫力を低下させた原因がわからずにいろいろと悩んでいました。さらに、抗トリコモナス剤を投与してもなかなか原虫の数が減らない理由がわからずに、どうしてなんだろう・・・と思っていました。もともとトリコモナスは長期戦だと聞いていましたが、ほとんど減っていないのはなぜなんだろう・・・と。

上記しましたが、今回新たにナナの腸内で見つかったギョウチュウは、腸管壁を食べます。当然、食べられた腸管壁は荒れます。
今回のこの検査結果と、ギョウチュウの性質から明らかになったことは

ギョウチュウに腸管壁を荒らされた → 腸内環境が悪化し、トリコモナスが増殖しやすくなる → トリコモナス異常繁殖 → 下痢

という可能性です。

今回はトリコモナスとギョウチュウのダブルで感染していました。どちらもわが家に来る前に感染したもので、母体感染または子ハム時代の集団感染ですが、冬のあいだはナナは非常に健康で、病気も表面に現れてきませんでした。急激に暑くなったときに発症したことを考えると、私の温度対策が不完全(22~29度)だったのかもしれません。それとも寄生虫がダブル感染だったせいなのか、それとも他の原因が潜んでいるのか・・・。原因がわからずにすっきりしませんが、とりあえず今はできるだけケージを涼しく、清潔に保つこと、そしてお薬をがんばって食べてもらうしかありません。

<人間の検査>
今日、検便をしてもらおうと電話で病院を探していたら、なんと下痢などを発症してないと診てくれないとこばっかりなんですね(◎0◎)!!某有名大学病院もだめでしたorz。
親切な保健所の方が私立病院の感染症科(へぇ~!)のドクターに連絡してくださって、明日検査を受けることができるようになりました。
その詳細は、また明日。検査結果は・・・いつごろでしょうね?
スポンサーサイト
コメント

「病院では、下痢してからじゃないと検査してくれない」なんてびっくりです。お役所仕事みたいだなあ。
検査結果が出るまでだって、一週間とかかかっちゃいますよね、きっと。
もう、頼みますよ>病院さん

雪だるまさんの仮説、かなり真相に近いのではないでしょうか?
ギョウチュウの駆除ができれば、きっとトリコモナス怪獣にも駆虫薬が効果を表しますよ!

仰向けで寝てるナナ様、お口とお鼻が可愛いー、けど、心臓止まりますよね。
北海道も暑いんですね。
沢山食べて、夏バテしないように気をつけてくださいね。
2005/07/20(水) 09:52:36 | URL | rico #USldnCAg[ 編集]

ネズミ大腸ギョウチュウって、かなり強そうですね・・・
写真もエイリアンちっくだし、こんなのがナナたんの中にいるなんて><
お薬で80%も駆除できるなら、きっともう駆除されてる頃ですよ^^

関東を中心に広まってるって、ドキッとしました・・・うち、大丈夫か?^^;

人間の病院って、ちょっと酷いですね・・・
下痢になったらもう相当悪化してるんじゃないですか?
検査ならいくらでもやってくれればいいのに・・・
雪だるまさんも体調管理をしっかりして頑張って下さいね!
2005/07/20(水) 14:27:29 | URL | MAY #-[ 編集]

憎っきネズミ大腸ギョウチュウめ!!!
この長い名前のネズミ大腸ギョウチュウのせいで、ナナ様が苦しんでおられたのですね。
お薬で駆除できるなら、とっとと退治しちゃって、そのせいでトリコモナス怪獣と戦うようになっちゃったんだから、お薬さん何とか効果を早くあらわしてね~。

人間の検便って小学校の時とかやりましたけど、大人になってけらは下痢になってからしかやってくれないんですね・・・
これも知らなかった~(-_-;)
雪だるまさんには教えてもらってばっかりです_(._.)_
2005/07/20(水) 20:22:48 | URL | PICO #8xeXQdN.[ 編集]
> rico様へ
そうなんですよ~(T▽T)。
今日かかった市立病院も、代表に電話したら「うちでは海外渡航者以外は診察していません・・・」といわれてしまい、あわてて「いや、あの、昨日先生と直接話をしてあるんですが・・・」と言ってやっととりつないでもらいました。そんなもんなんですね~(T T)。
下痢してからじゃ死んじゃう患者さんだっているだろうに・・・。
あ、検査結果は1時間ででました♪ラッキーでした♪

野良寝は普段ならはぅぅ♪ってくらいにかわいく感じるんでしょうけど、今はさすがにドキーッとします(^ ^;)。
2005/07/21(木) 00:11:53 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]
> MAY様へ
名前、すごく強そうですよね(^ ^;)。
トリコモナスとギョウチュウ、2つの怪獣が暴れまわってるのにナナは本当によくがんばってくれたなぁ・・・としみじみ思ってしまいました。

ホームセンターなどで販売されてるハムの場合は集団感染を起こしやすいですし、ブリーダーさんにも問題があるし、さらにギョウチュウ自体に感染していても無症状だと気づかないので感染はすごい勢いで広まってるみたいです(^ ^;)。といってもちゃんとしたデータはないので、実際のところどうかはわかりませんけどね。
下痢や軟便になるようなら検査をおすすめします。ならなくても検査しておくと安心かも???
ちなみに検便費用は1匹1000円くらいでした。
2005/07/21(木) 00:16:55 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]
> PICO様へ
カタカナで書くともっと長いですよ!!
ネズミダイチョウギョウチュウ。
なんだか早口言葉みたいですね(◎0◎)!!
駆除剤が効いてきたのか、今日のうんぴは先週より前のと同じくらいぷりぷりなうんぴでした。よかったです~v(*^▽^*)v。

そういえば、どこかで誰かが「小学生の時検便用のうんちが出なくて通学路の途中にあった犬のうんちを提出したら、人間には感染しないはずの寄生虫がうようよいて、大騒ぎになった!」と言ってました(^ ^;)。

会社・学校の集団検診や人間ドッグで検便する場合は見てくれると思いますが、個人で検便をしてもらうのって意外と大変でした(◎0◎)。
今回は幸い衛生研究所のおじさんと感染症科の先生が優しい方だったので見ていただけましたが、受付のおばちゃんは冷たい冷たい(T T)。
ホントに診てもらえてラッキーでした。
2005/07/21(木) 00:23:52 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]

雪だるまさん こんにちは。
「人間の検査」にコメントできなかったので
こちらに書かせていただきます。
すでに ご存知かもしれませんが
念のためお知らせしておきます。
「ジアルジア」でネット検索したときに日本では「水道水」から検出されて最近問題になった地域があるようでした。
人間でも免疫が落ちている時にそれを飲むと
感染するのだということでしたが、対策が後手で住民は知らされず後からわかったので自治体が責任を問われているという情報でした。
このように検出されていても未公開の情報も、案外あるのかも知れません。
ただ・・人間にはたいした量ではなくてもハムなど動物たちには・・・と考えてしまいました。
あくまで少ないひとつの可能性ですがお知らせまで。
http://www.lilac.cc/7Eabiru/index.amway30.html


2005/07/21(木) 12:09:14 | URL | なるぽん #-[ 編集]
お世話もだけど・・・。
雪だるまさん、検査シロよかったです。
とにかく、お世話も大変なのにものすごくよく調べられていてすごいです!
ある程度の知識はないといけないことですが、普通ならお医者様のお話で納得してしまいがちですよね。
とても参考になります。
あんまり無理なさらないでくださいね。
2005/07/21(木) 18:24:30 | URL | Sacchan #tZDc9YLU[ 編集]
> なるぽん様へ
情報ありがとうございます!!
でも残念ながらそのURLの記事(??)は削除されてしまったみたいです。
なんだかいろんな地域でジアルジアが検出されてるみたいですね(^ ^;)。日本の水道水は安全だと思っていたけれど、意外と怖いな~と思ってしまいました。
ジアルジアは水道水の塩素濃度では死なない菌なので、浄水場付近の河川や井戸が汚染されていた場合、水道水から検出されても不思議ではないそうです(こ、これも怖い事実ですよね^^;)。それに最近、先進国でも水道水に混入して問題になることがあるみたいです(T T)。

ハムへの感染経路ですが、もしジアルジア混入が未検出だったとしても、水道水からの感染の可能性はけっこう低いかな??と考えています。人間とハムへの感染力がどのくらい違うかわかりませんが、もし水道水が汚染されているとしたら、衰弱している老人が下痢を発症して病院に担ぎ込まれ騒ぎになると思いますし・・・。

でも、貴重な情報をいただいて本当にうれしかったです!!
ロッピは今日もぷりぷりの形のよいうんぴをしてくれましたし、食欲もばっちりです^^。症状がでないままで完治させてあげられたらな、と思っています!
応援していただきありがとうございました(^ ^)。
2005/07/21(木) 23:48:46 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]
> Sacchan様へ
ありがとうございます♪
本当にシロでよかったです^^。
病院の看護士さんの「症状が出てないのに検査するの?」みたいな雰囲気と、病院の受付の「うちではやりません!」みたいな対応にちょっとムカッとしましたが、なんとか無事に検査を受けられてよかったです。

いろいろ調べる理由については、せっかくなのでコラムとして掲載させていただきますね^^。
応援してくださってありがとうございました!
2005/07/22(金) 00:10:42 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]

こんばんは
雪だるまさん、良い結果が早くわかって良かったですね♪

ナナ君、ロッピ君も予断を許さないとは言え、落ち着いているようで何よりです
心からお大事に、雪だるまさん自信もご自愛くださいね
小さな命を守る雪だるまさんの姿勢には、本当に頭がさがります

びぃーは、まだまだぷりぷりしてますよ。
きっと自分のプリプリで応援しているのだと思います。
(大切なお婿さん候補ですからね♪)
2005/07/23(土) 23:28:09 | URL | mikky #-[ 編集]
> mikky様へ
すみません、しばらく更新をおサボりしてます(^ ^;)。ナナとロッピと飼い主(笑)はそこそこ元気にいきています♪

ナナの方はギョウチュウ退治のおかげでトリコモナスの方もみごとに激減しました。獣医さんに感謝、応援してくださったみなさまに感謝です!
でも、まだ安心できるレベルには減っていなくて、まだ虫が泳いでる状態なので、このまましばらく治療が続きます。
でも、みなさまに元気をもらったので、がんばって治して見せますよ~!!

びぃーちゃんには乙女の秘蔵うんぴ写真も見せてもらいましたし♪うちのハムズもきっと大喜びの大興奮だったと思います(^w^)♪そして私が一番大興奮しちゃいました(*^▽^*)♪うふ♪
ぷりぷりで応援してくれてありがとうございます~、とびぃーちゃんにお伝えくださいね^^。
2005/07/24(日) 02:45:08 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]
今日発見
うちも今日感染がみつかりました。
(ラットですけど)ブログ参考になりました!
2008/12/07(日) 17:09:03 | URL | ako #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://snowmanham.blog6.fc2.com/tb.php/79-7f7a1d67
トラックバック

イベルメクチンイベルメクチン(英: ivermectin)とはマクロライド類に属する駆虫薬の1つ。線虫のシナプス前神経終末においてΓ-アミノ酪酸|γ-アミノ酪酸(GABA)の遊離を促進することにより節後神経シナプスの刺激を遮断する。吸虫や条虫では末梢神経伝達物質としてGABAを
2007/10/01(月) 19:23:04 | 医薬品、知らないと怖い医薬品の話!

イベルメクチンイベルメクチン(英: ivermectin)とはマクロライド類に属する駆虫薬の1つ。線虫のシナプス前神経終末においてΓ-アミノ酪酸|γ-アミノ酪酸(GABA)の遊離を促進することにより節後神経シナプスの刺激を遮断する。吸虫や条虫では末梢神経伝達物質としてGABAを
2007/10/10(水) 13:23:15 | 医薬品、知らないと怖い医薬品の話!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。