ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
前回の投稿以来、ロッピの首はまったく脱毛することなく、順調です。今日はナナのついでに病院に一緒に連れて行き、健康診断をしてもらいましたが、ばっちりお墨付きをいただきました(*^0^*)♪

<食べ物いろいろ>
疑わしいと思った食べ物をいろいろ試した結果、どれにも反応がありませんでした。5日くらいずつ疑わしい食べ物を食べさせてみました。ところが、獣医さんに聞いたところ、甲状腺ホルモンは蓄積量が多くサイクルが長いので5日くらい試しただけでは反応は出ないみたいです(^ ^;)。実験系としては失敗。
でも、その後ずっとキャベツを与え続けてもハゲはできないので、とりあえずアブラナ科の線は消えたと思います。

Rop-Hage43(6.30.).jpg

<こぶこぶの毛根>
以前の通院時に獣医さんにハゲ部分の毛を診ていただいたところ、こぶこぶになってるとおっしゃってました。その後に見つけたここのサイト( 円形脱毛症とは )の写真を見てびっくり!!!
栄養不足の毛根も同じようにこぶこぶなんですっっ(◎0◎)!!。これは、萎縮毛(栄養障害毛)というそうで、人間の円形脱毛症の人の毛根を顕微鏡で見てみるとこのようになってるそうです。

うぉぉぉ、円形脱毛症だったのかぁ!!と思ったのもつかのま、獣医さんに聞いてみたら、あっさり否定されました(^ ^;)。

毛がこぶこぶになっていたのは、毛根に栄養が行き渡らなくなって毛が切れやすくなったせいで、そのために脱毛したかもしれない、というのは考えてもOKみたいです。
でも、ストレスによって自律神経などの神経系が乱れるのは、ハムの場合、人間よりもずっと可能性が低いみたいです。というのも、人間は奇形と言えるくらい大脳が巨大であり、神経系に支配されている動物なのでストレスに起因する自立神経系の乱れ→円形脱毛症が起きるけれど、ハムスターの脳は体のサイズに比べて小さく人間ほど神経系による支配が人間よりも少なく、またストレスの感じ方も人間とは違うので、神経系に異常が起こすほどストレスに対して過敏には反応しないだろうとのことでした。

さらにもう1回、ストレスハゲかもしれない?と聞いて見ましたが、今回のハゲはきれいに左右対称なのと、部位が首のうしろなので、「僕は物理要因だと思います」、とのことです。

なんだか原因がわからずにぐるんぐるんしましたが、結局結論が振り出しに戻りましたね(- -;)。とりあえずストレスと考えられる要因を減らしつつ、ハゲが再発しないことを祈るばかりです。

Rop-Hage44.jpg

<まとめ>
結局、いろいろごちゃごちゃ書いたわりに、いまひとつ原因がはっきりしないハゲでした(^ ^;)。ただ、通院を繰り返したことで、ハムの生育環境、飼育環境、適正なエサ、人間との違い、病気についての所見など、手に入れたものは大きかったです。
今回のロッピのハゲは、生死には関わらないハゲだったので安心しましたが、もしみなさんのハムちゃんにハゲができたときには、内因性の病気のサインの可能性もあるので、通院して獣医さんと話し合って治療してくださいませm(_ _)m。
たかがハゲ、されどハゲ。すべてのハムちゃんが元気にピチピチになってくれるといいですね^^。
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015/12/26(土) 18:03:13 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://snowmanham.blog6.fc2.com/tb.php/62-cda133da
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。