ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<新しい環境>
通院から丸3日以上がたちました。巣箱・巣材なしの生活にもすっかり慣れたらしく、今は新聞紙トンネルの中で寝る日々です。
巣箱&巣材があったときは、床をしゃかしゃか掘って新聞紙を細かく破る動作はするものの決して自分でちぎった新聞紙を巣の中に運ぶことはありませんでしたが、巣材がなくなった現在は細かく砕いた新聞紙をせっせとトンネルの中に運ぶようになりました。そして、以前にもまして床材しゃかしゃか堀りは豪快になっています。

<ハゲの様子>
大きな変化はありません。というか、逆に真ん中の島の部分が小さくなって少し広がったような気もします。
けれど、相変わらず皮膚表面はつるつるで、発疹があるわけでもじくじくした状態でもありません。激しく掻いている様子もありません。
はぁ、原因は一体何なんでしょう・・・・(T▽T)。

Rop-Hage26.jpg

<ちょっと気になること>
ロッピじゃなくて、ナナのことなんですが・・・。
なんだかやけに下半身(おしりや内股、わき腹)を掻いているような気がするんです。ハゲたり怪我をしている様子はありませんが、もし掻き方が激しくなるようなら病院に行ってきます(T T)。
スポンサーサイト
コメント
のんと同じだ
のんもこの部分ハゲてました(+_<)
のんもハゲた所をカイカイしたりはしてなかったです。
どうして治ったかもよく分かってません。
多分、そのあとにお腹側がハゲて指を怪我してその時に飲んでいた薬がのんに合っていたのとトイレの砂とかを変えたからではないかなあと思います。
雪だるまさんも、色々試して大変だと思いますがロッピ様のハゲがフサフサに早く戻ってくれるといいですね。
のんの同じ所に出来たハゲは、あんまりにもハゲが治らないので、先生にも『もしかしたら毛根がやられちゃってる可能性があるので、ハゲのままかもしれない』といわれた事もあるので、諦めずにロッピ様の毛を待ちましょう。
2005/04/19(火) 20:44:40 | URL | PICO #8xeXQdN.[ 編集]

いつも温かいお言葉ありがとうございます(T T)。
とっても嬉しいです。

のんちゃんのハゲもここの部分だったんですね。
しかもカイカイしてなかったところも一緒なんですね~(@0@)!!
とあるハムサイトで聞いたんですけど、ハゲって一番治療が難しい病気らしいです。きっと原因がわからないことが多いからなんでしょうね。

となりのケージで暮らしているナナがまったくハゲないのが心の救いになってます。
それに、最近ちょこっと開き直りつつあります(^^;)。
ロッピのハゲの原因がわかっていないのであんまり気は抜けないですけど、あんまり悩み過ぎないように気をつけつつ、気楽にやっていこうと思います。

いつも本当にありがとうございますm(_ _)m。
2005/04/20(水) 03:25:09 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]
はじめまして
こんばんは。こちらでははじめまして。某サイトのフォーラムで、一度コメントさせていただいたモノです。ハムスターの情報を求めてふらふらしてたら、ここにたどり着きました。そしたらなんと!雪だるまさんのブログ!運命的なものを感じてしまいました (*^_^*)

ロッピちゃんの脱毛、なかなか完治しなくて、雪だるまさんもさぞヤキモキされてることでしょう。原因がわからないと対処のしようもないし…。早く良くなるよう祈ってます。

さっき、獣医さんの臨床情報系のサイトで、「栄養性皮膚疾患」で同じ部分が禿げているゴールデンハムスターの写真を見かけました。「ビタミンA欠乏では剛毛と角化、ビタミンB2(リボフラミン)欠乏は皮膚炎と脱毛、ビタミンB6(ピリドキシン)欠乏は脱毛と被毛の色素脱失、ビタミンEや短鎖脂肪酸欠乏では被毛の劣化が認められるという報告もある。」とありました。

『報告もある』だけで専門家をもってしても確証がある情報とは言えないようですが…。ロッピちゃんの脱毛原因は違うところにあるのかもしれませんが、「こういう情報があったよ!」というご報告まで。
2005/04/20(水) 23:20:23 | URL | ぽんきち #m6FriKNA[ 編集]

ぽんきち様、こんばんわ~☆
某サイトでその節は貴重な情報をいただき大変お世話になりましたm(_ _)m。温かい励ましのお言葉も本当にありがとうございます。情報をいただけてとっても嬉しかったです(^▽^)。
ぽんきち様の情報のおかげでアブラナ科について獣医さんと話し合うこともできたし、アブラナ科の影響について検証するきっかけを与えていただきました。

ロッピの後頭部は一時期よくなったものの再びハゲてきてしまったので(T T)、またアブラナ科抜きの生活を送ってもらって状況を見ているところです。
はやくフッサフサに戻ってくれるといいなぁと思いつつ、病的な要因ではなさそうだと診察されたのであまりあせらないことにしました。

それから、今回もとっても貴重な情報ありがとうございます~!!ぽんきち様の情報はいつもよく調べられていて感心させられてます。
なるほど、ビタミン欠乏と一言に言っても症状が全然違うんですね!勉強になりました~!
ビタミン剤の処方で一時期ハゲが治ったので、獣医も私も栄養性ハゲだったのか~と思っていたんですが、投薬を続けていても再びハゲてしまったので、どうやらそれだけではなかったみたいです、残念(^^;)。
素人の私にはなかなか情報の判断が難しいところですが、参考にさせていただきますね!

p.s.人間用のビタミン欠乏・過剰症を見たらビオチンも脱毛に関係するようです。
2005/04/21(木) 01:34:10 | URL | 雪だるま #OjwIUdUc[ 編集]

かわいいサイト様ですね
2005/09/04(日) 11:27:03 | URL | みい㈹や #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://snowmanham.blog6.fc2.com/tb.php/48-048b3696
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。