ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<4度目のG病院>
3週間ぶりの通院です。
ここ数日でハゲが広がってきた気がしたので、病院に行ってきました。
前回の診察時に、「またハゲが広がったり、かゆがる様子があるようなら通院してください」と言われていたのでかなり久しぶりの通院です。
この前の通院時(3/25)にはかなりフサフサになってきていたのに比べて、ハゲの部分が明らかに拡大しています。
今回のハゲ方も「島(縞?)状」で、真ん中だけ毛が残っていて周りの毛がはげてしまいました。

Rop-Hage24.jpg

<再検査>
というわけで、ハゲの原因を再確認するために、ダニ・カビの再検査をしていただきました。
・・・結果はシロ
ダニもカビも見つかりませんでした。

<物理的要因>
左右対称にハゲているけれど、ハゲが局所に限られているのでホルモンの影響ではないだろうとのことです。皮膚がただれたり赤くなったりもしていないし、かゆがっている様子もなく「病的」な感じがしないので、もしかしたら「物理的」なものかもしれない・・・ということでした。
そう考えられる1つの根拠として、耳で覆われた部分の毛はハゲておらず、耳で覆われていない部分の毛がハゲている感じに見えるからだそうです。
(・・・でも真ん中の島は?)

<毛の形・・・こぶ>
それから、もう1つ気になったのは毛の形です。
検査のときにロッピの毛を顕微鏡で見ていただいたら、太いところと細いところがあって毛のところどころに「こぶ」があるそうです。これはハゲている部分の毛だけではなくて、ハゲていない腰の部分の毛も同じような形をしているとのことでした。この毛の形がロッピの体質(遺伝的要因)なのか、毛髪が弱っているのか・・・ということはよくわからないそうですが、全体的に毛が切れやすくなっている可能性もあるようです。ハゲた部分と腰の部分を比較すると、ハゲている部分の毛の方がたくさん「枝毛」になっていたので、この部分の毛の方が弱いかもしれません。
そうなると「物理的」圧力がかかった場合に、毛が切れる・抜ける、などの影響を受けやすく、ハゲが起きたことも考えられるとのことでした。
(・・・ただし、この説だと後頭部だけが局所的にハゲた原因がわかりません(T▽T))

Rop-Hage25.jpg

<木枯らしケージが・・・>
今までの闘病日記にも書いてきましたが、「ハゲが拡大する」のと「床材を執拗に掘る」時期が一致している気がしました。
最初はなにかの痛みやストレスを発散するために床材を掘りまくっているのだと考えていましたが、逆に今回の通院で、掘る時にどこかで後頭部が擦れてハゲた可能性あるということを指摘されました。
そこで、物理的な要因を排除するようにケージを更新することになりました。
・・・といっても巣箱(と巣材)を撤去するだけですが、これでしばらく様子を見ることになりました。
巣箱と巣材を撤去したら落ち着かなくて大暴れして寝てくれないかな~と心配していましたが、通院疲れもあってか、今のところ落ち着いて寝てくれているようです。ちょっと一安心。

<今後の方針>
「物理的要因を排除」してしばらく様子を見て、それでもハゲがどんどん拡大していくようなら、そのときはまた新たに対策を考えることになりました。
皮膚をこそげとって詳細に検査してみたり、カビやダニのお薬を試すかもしれないそうです。現時点ではカビ・ダニは全く確認されていないし、しかもカビ・ダニのお薬は副作用のリスクがあるので、まずは物理的要因を排除して様子を見て、それでも治らないときに次のステップに移る予定です。

<アブラナ科のお話、その後>
アブラナ科が甲状腺ホルモンに影響を及ぼすことについて、どういう文献記載があったのか教えていただきました。
それによると、「餌は100%キャベツだけ」でウサギを育てたときに甲状腺ホルモンの異常があったそうです。ロッピの餌はキャベツだけではないし、主食は実験用ペレットだし、しかもほんの少量のアブラナ科を与えているだけなので、今回のハゲにホルモンに影響ないだろう、とのことでした。

<料金> 
診察料 1400
検査料 1000
計 約2,400円
(別途交通費920円)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://snowmanham.blog6.fc2.com/tb.php/47-688363dd
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。