ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
ナナがあやうく落下事故にあうところでした。というのも、今回行った病院の診察台には、ハムスターなどの小動物の落下事故を防ぐための柵がつけてありませんでした。今回の担当獣医はハムスターの扱いが不慣れなのか、保定ができない私からみても保定が下手で、何回もナナをつかみそこねて診察台の上に逃がしていました。診察台の上ではおびえたナナが走り出して、あやうく落下事故を起こすところでした。
また、看護士さんが診察室に入ってきたときも、診察台の上にハムを放置したまま看護士さんと話しだしました。いくら飼い主が目の前にいるからといって、ひどすぎる対応です。
みなさん、獣医は100%信用できるものではありません。落下事故を起こしても責任をとってくれるとも限りません。診察にいくときは、ハムスターが脱走できない程度の高さの箱を持参することをオススメします。歩くところを見て診察する場合もあると思うので、キャリーケースのような小さな箱ではなく、みかん箱くらいの大きな箱を15~20cmの高さに切ったものがいいかもしれません。
shinsatsudairakka.gif
↑ハムHPの「ここは恵方」様
実際に起きた転落事故と病院の対応は必読です
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://snowmanham.blog6.fc2.com/tb.php/4-3cd937b3
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。