ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<いきなり最大の難関>
薬を投与するにあたって最大の難関は保定でした・・・・・・。
そもそも、ハムサイトのみなさんからいろいろな情報を集めて、さぁこれから保定の練習だ!と思っていた矢先のできごとだったので、当然ちゃんとした保定はできません。いくら甘いお薬だといっても、ロッピが嫌いなんじゃ保定せずに飲ませることはできないわけで・・・。
最初の夜は保定ができずに四苦八苦しました。
ハムの皮があんなにゆるゆるで伸びるとは思ってなかったし、どのくらいの力でつかんでいいものか力加減がまったくわかりませんでした。あまり強くつかむのも怖かったのでゆるめに持ったせいか、20分もかかったのに結局保定はできなかったです(ToT)。ひどすぎ。

Rop-Hage3.jpg

しかたがないので、最初の夜はブロッコリーに薬をしみこませたものと、薬1滴にアワ粒を浮かせたものを舐めてもらいました。でも、強烈なバニラの臭いを不審がってすぐには舐めてくれなかったし、結局舐めてくれるまでにかなり時間がかかりました。
それに、大好きなブロッコリーも変な臭いと変な味がついているせいかほんのちょこっとしか食べませんでした。
これでは投与量2滴はクリアできてないですけどこれ以上無理強いできないので最初の夜はあきらめました。。。。「抗生物質」だからきちんと量をまもらなければならないのに。。。。

<投薬のためにボックスを製作>
下の箱は投薬するときに一時的にハムに入ってもらうボックスです。ただ単にコーヒーギフトの紙フタを裏返して広葉樹チップが入れてあるだけです。大きさは25 × 29 × 8cm。ロッピ様は高さ8cmでも逃げないですが、ナナ様ならもっと高くしないと脱走確実(- -;)。なので、ダンボールに入れて使っています。

dragbox2.jpg
投薬BOX(モデルはナナ)

ボックスを用意した理由は、ケージの中だと作業がしにくいのと、転落事故を防ぐためと、ケージ内 = 嫌なことをされる場所、にしたくなかったからです。

今日の結果:
まったく保定できなかった。
力加減がわからずゆるくつまんだのがよくなかった?
(ピンクの丸はつかんだ場所)
sick-hoteiup1.gif sick-hoteiside1.gif
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://snowmanham.blog6.fc2.com/tb.php/3-fb10a9dd
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。