ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
今日で下痢発症から1週間です。
いろいろあって長かったような短かったような1週間でした。
ナナたん、今日も生きていてくれてありがとう☆

<今日のうんぴ♪>
昨日処方された整腸剤の効果なのか、はたまたペレットを食べるようになった効果なのか、うんぴがもりもりです♪そして、ちゃんと形になっています♪♪♪るんっ♪

Nana-Kiseichu11.jpg

まだ若干ゆるい気もしますが、おとといの写真と比べると格段にいいうんぴなのがわかると思います~~~\(*^▽^*)/♪明日もこれくらいいいうんぴをもりもりしてくれるといいなぁ☆

<ナナ vs お薬>
気のせいかもしれないですけど、整腸剤も加わって、お薬のまずまず度はやっぱりアップしたんじゃないかと思うんです(- -;)。とうとう、ひま種ダンゴに混ぜ込んでもなかなかお薬を食べてくれなくなりました。どのくらい食べてくれないかと言うと、ひま種ダンゴをほっぽって、ハムセレに走っていくくらいの負けっぷりです(T T)。
ペレットを食べてくれるのはすごく嬉しいです。でもっ、でもっ、お薬を飲まなきゃ虫が減らないんだから、せっかくペレットを食べてくれても意味な~しっ(T▽T)。
今日はナナと私の知恵比べです。ひま種ダンゴに高野豆腐を混ぜ込んでみたり、ニボシを混ぜ込んでみたり、ひま種をさらに追加してみたり・・・・試行錯誤してみましたが、全部失敗(- -;)。
ホントにちょっぴりは食べるんですけど、あとは興味なさげにぷいっと歩いていってしまいます。はぅ~。ここまでお薬を食べてくれないのは初めてなので、困ったぞ、と。最終手段・ミルワームのエキスを垂らすという手段があるので、このまま食べてくれないようならそれを試してみます。
でも・・・・・私だってそんなエキスを搾り出すのは、かなりかなーりブルー( ̄□ ̄∥)なわけで・・・・。
今はただ、お願いだから「食べてくれ~食べてくれ~」とケージに向かって念力を飛ばしているところです。
いや、マジでお願いしますよ、ナナさん(><)。

<ケージの掃除の注意点>
昨日書き忘れたことを思い出しました。けっこう大事なことなのでここに追加しておきますね。ちなみに、獣医さんから受けたアドバイスのほかに、自分で大事だと思うことを追加してあります。

ケージの掃除・床材廃棄の方法

・まずお世話をする前には念入りに手を洗う
・お世話の最後には念入りに手を洗うこと
・エサ、掃除、水交換をするときはまず最初に健康体のハムちゃんの世話をして、最後に闘病中のハムちゃんのお世話をすること。そのことで感染の拡大を防ぐ
・病気のハムちゃんの使用済みの床材は、かならずすぐに捨てること。部屋に放置しない。
・捨てる際は、必ずぐるぐる巻きにして、菌・虫が外に出ないようにすること
・自宅の場合は必ず焼却処分をすること
・ゴミ回収に出す場合は厳重にぐるぐる巻きにして、他の動物(人間・カラス・犬など)に絶対に感染させないように注意すること
・病気のハムちゃんの使用したグッズは必ず熱湯消毒すること
・その後によく乾燥させること
・闘病中のハムちゃんがいる場合、小さなお子さんには絶対に触らせないこと。子供は汚い手を口に入れる可能性が高い。
・他の動物に接触させないこと

けっこう基本的なことが多いと思います。
1つだけハッとさせられたのは、いつも闘病中のナナを先にお世話して、その後しっかり手を洗ってからロッピのお世話をしていたので、それでは順番が逆だった!!と言うことです。
確かにいくら洗剤で手を洗っても、肉眼で見えないほど小さい原虫ですし、どこについているかわかりませんものね。
これからは上記のことを念頭に置きつつ、2次感染を起こさないように注意しながらお世話を続行していこうと思います^^。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。