ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
とうとう高野豆腐の粉末に薬を混ぜ込んだ投薬方法では、薬を食べなくなってしまいました。やっぱり味がまずいみたいです(- -;)。ニオイをくんくんと嗅いだだけであとは見向きもしなくなりました。このままではまずいので、さつまいもをレンジでチンしたものを潰して、それに薬を混ぜて与えてみました。でも、1口かじっただけで頬袋にしまいこみ、そして、その後、ケージのすみっこに捨ててありました、はひ~(T▽T)。
仕方がないので、今度は先ほど捨ててあったさつま芋ダンゴに、さらにひま種2粒をすりつぶしたものを混ぜ込み与えてみました。で、やっとこ食べてくれました(><)!!
お薬は全部飲みきらないと十分な効果が得られないので、まさに手を変え品を変えしながら食べてもらっています。

ハムにあげるものはミルワーム以外は試食してきた私ですが、この薬もどれだけまずいのかちょっと食べてみたい気になります(^ ^;)。どうやら調べてみたら、人間の性病のトリコモナスと同じ薬らしいです。人間の場合はカプセルに入ってたりしてあまり味を感じずに飲めるようになっているんだと思いますが、ハムちゃんにカプセルは無理ですもんねぇ・・・。かじっちゃうと思うし(^ ^;)。がまんしてもらうしかないですね。

<軟便>
今日も下痢ではなく軟便でした。ホッ。
まだまだ水分が多いせいで、下に敷いた新聞紙にシミができています。フンのサイズもまだまだ小さくて、ときにはかなりべちゃべちゃな軟便のときもあったりするので、まだ冷や冷やしています。ペレットダンゴはちょこっとは食べますが、やっぱり少量しか食べてる様子がありません。ひま種はばっちり食べてます。フンの量が少ないのはペレットを食べてないからなんでしょうね。

Nana-Kiseichu5.jpg

ちなみに、いつもペレットダンゴの他に硬いままのペレットも置いておくのですが、昨日はまったく見向きもしなかったのに、今日はせっせと頬袋に詰めてました^^。でも、おとといの経験から行くと、詰めるだけ詰めてトイレにポイッと捨てちゃう可能性もあるので、明日の朝にまた残量を確認します(^ ^;)。

<あさってにまた通院>
5日間下痢が続いたら命の危険性があると宣告されていましたが、とりあえず水溶性の下痢は最初の1日だけで治まりました。
ほかの掲示板でトリコモナスの経験のある飼い主様に聞いたところ、治療に4か月以上かかっているそうです。また、ほかのサイトのオーナー様に聞いても、数ヶ月は治療にかかるそうです。
お話を伺ってみて、やはりこれから敵さん(=トリコモナス)とは長い長いお付き合い(^ ^;)になりそうな気配がするので、あわてず、あせらず、どーんと落ち着いて構えることにしました。
とりあえずあさってにまた通院し、再検便でお薬が効いたかどうかがわかります。早く聞きたいような、聞きたくないような微妙な心境だったりしますが、まずは重度の感染から中程度の感染くらいにまで少しでも数が減っていてくれるといいなぁ・・・という感じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。