ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
5/4~5/25までの日記・写真をまとめてアップしました。

ここ数日で、札幌の室外気温は20度前後まで上昇するようになり、室内の気温も昼間は24度、夜間でも20度前後になるようになりました。飼育環境の変化としては主に気温と日長(と湿度)です。徐々に日の出の時間が早くなり昼間の長さが長くなっていて、夜間の時間がかなり短くなっています(昼16時間夜8時間)。
ミルワームも卵からかえり、巣箱にひきこもりぎみだったハムたちの動きも活発になってきました。ハムにも人にも優しい季節の到来です。

Rop-Hage40(5.25.).jpg

<その後>
ロッピの首はうっすら毛が薄くなったりふさっとしたりを行ったりきたりしましたが、今では大きくハゲることもなく、フサフサを維持しています(*^▽^*)!!!!食欲も糞の状態も良好で、回し車を走ったり床材をシャカシャカ掘ったりとあいかわらず元気そうに見えます。

愛するハムちゃんにハゲがあると、飼い主としては見ていてつらい気分になります。罪悪感を感じたり、ちゃんと飼えてないのかなぁ…という無力感に襲われたり、なにが悪いんだろうという不安にさいなまれたりしますが、その分だけフサフサになった姿を見ると嬉しくて小躍りしたくなります(´▽`)ノ♪。
『たかがハゲ、されどハゲ』
大病を隠している可能性もあるのであなどれないハゲですが、フサフサだからといって安心できません。ハゲがなくても大病が潜んでいることもあります。ハゲができてしまうとかわいそうですけど、体調不良を隠す習性をもつハムスターが、隠し切れないハゲを作って飼い主の目に見えるサインを送っていると思って、感謝しなければならないかもしれません。
と言っても、もちろん、ハゲができないに越したことはありませんけどねっ!!。
とにもかくにも、ハムちゃんたちには健やかに、そして少しでも幸せに生きて欲しいです><!!

Rop-Hage41(5.25.).jpg

<ハゲと巣箱・巣材の検証結果>
まず最初に、食べ物の検証をする前に、巣箱・巣材を戻してみてハゲができないかどうかを検証してました。もしこれでハゲができれば物理要因が原因の可能性が高くなるからです。
結果・・・ハゲはできませんでした。つまり、巣箱・巣材の存在はハゲができたことには関係がなかったようです。

<ハゲと野菜の関係の検証結果>
次に、もう一方の疑わしい要因、食べ物とハゲの関係を検証してみました。とはいえ、もちろん1か月ですべての野菜を検証することはできませんし、検証の反復もとっていないです。反復をとっていないのでデータは確実とはいえませんが、2月からこれまでの情報を振り返りつつ、いくつかの食べ物とロッピのハゲの関係を検証結果をまとめてみました。

ロッピのハゲと食べ物の関係
【アブラナ科以外の野菜】
・ニンジン→無関係
・かぼちゃ→無関係
・さつまいも→無関係
・豆類(もやしも含む)→無関係
・ひまわりの種→無関係
・トリの餌(アワ・ヒエ・カナリアシード等)→無関係
【アブラナ科野菜】
・キャベツ(ハゲができる前に一番多く与えていた)→どうやら無関係かもしれない(?)
・チンゲンサイ→無関係(?)
ブロッコリー→これが怪しいかもしれない
【動物性タンパクなど】
・ペレット(ニッパイ、オリエンタル酵母、ハムセレ)→無関係
・ミルワーム→無関係
・ミルワームの飼育床に使っている床材(粉ミルク、パン粉等)→無関係

注)ここに記述している結果はあくまでロッピのハゲに関するものです。栄養学的見地・食物アレルギー的見地には基づいておりませんので、ご注意ください。またそれぞれの野菜は栄養が豊富であり、決して与えてはいけない野菜ではありません。わが家でもナナには食べさせています。

「無関係」と結論付けた食べ物は、数日間以上連続して与えてみてもハゲができなかったものです。ただし、食物アレルギーのように、アレルゲンを食べる→かゆみ→激しく掻く→ハゲができる、のようにすぐに反応がでるとは限らないので、もしかしたらこの中にも影響があるものもあるかもしれません。
(↑結局よくわかってないんかいっっ(汗))

また、前々回の通院のときに獣医さんに言われたように、ロッピの毛質は遺伝的におかしい可能性もあるので、食物だけでは原因解明はできないかもしれないです(^ ^;)。
とりあえず、キャベツをクリアーしてくれればかなりラッキーなので、キャベツはちょこちょこ試してみます。
スポンサーサイト
13日の様子。

Rop-Hage39(5.13.).jpg
10日の様子。

Rop-Hage38(5.10.).jpg
<体をかきかき>
ハム様のティータイムの方にも書きましたが、うちのジャンガリアン2匹を連れて、動物病院に行ってきました。

ロッピ → 健康診断・ハゲの様子の確認
ナナ  → 体をかゆがっている気がしたので、念のため受診

<ナナの診察>
ちょっと前からナナがしきりに体を掻いている気がしたので、念のために受診しました。単なる毛づくろいというレベルではなく、寝起きも寝る前も体をかきまくり、ペレットを食べてる途中も野菜を食べてる途中も、回し車を回して途中ですら、途中で作業を中断して体をかいていました(T T)。
ロッピのハゲのこともあったし、なにかの皮膚病だったら怖いので今回の通院となりました。

Nana-Kayumi2.jpg Nana-Kayumi1.jpg

↑体が全部写っていない写真しかありませんが、掻いている様子です。

最初のころは、特に集中して掻いていたのは、
・わき腹
・たまたまの部分
で、下半身ばかりでした。
でも時間がたつに連れて、掻いている部分が下半身だけから全身に広がっていきました。

<診断の結果>
特に異常はありませんでした。
皮膚表面は赤くもなくベタベタでもなくフケがあるわけでもありませんでした。またダニなどがいるわけでもありませんでした。それからハゲも見当たりませんでした。
つまり、皮膚病といわれるたぐいのものは全くありませんでした。
それで、なぜこんなに掻いてるか・・・という原因ですが、おそらく湿度不足だと思います・・・とのことでした。

ハムスターは乾燥地に住んでいますが、昼は土中の巣穴で暮らし、活発に活動する夜間は空気中の湿度が上昇するので、実はそんなに低い湿度のもとでは暮らしてないそうです。
わが家もハムケージの中に温度&湿度計を設置していますが、だいたい40~50%を維持していました。でも、最低でも湿度55%は必要なんですよと教えていただきました。
そうだったのかぁ、がーーーん(T▽T)。

・・・というわけで、さっそく湿度上昇対策を施しました。
(1)バスタオルを水で湿らせて部屋に干す
(もちろん洗濯物の部屋干しでも可)
(2)ケージの金網部分の一部に湿らせたキッチンペーパーをかける

これで湿度が60~70%くらいになりました。
よく考えれば春先の北海道の乾燥っぷりったら異常なくらいで、関東出身の私は最初の年はあまりの乾燥具合に喉を痛めたぐらいでした。
とりあえず湿度対策は施したので、あとはこれでかゆみがおさまることを祈るのみです><!!

<投薬も・・・>
湿度対策以外にも抗アレルギー薬(通称:かゆみ止め)を処方されました。
もしハゲができるようなら、また通院してください、とのことです。

<イライラ>
今回、体を掻くようになってからナナがずっとイライラしている気がします。イライラしている(=ストレス)から体を掻いているのか、それとも体がかゆいからイライラしているのか、どっちなのかはよくわかりません。
とりあえずもうしばらくのあいだ、どうなるか観察してみます。
<18日ぶりの病院>
ハム様のティータイムの方にも書きましたが、うちのジャンガリアン2匹を連れて、動物病院に行ってきました。

ロッピ → 健康診断・ハゲの様子の確認
ナナ  → 体をかゆがっている気がしたので、念のため受診


<ロッピの診察>
前回の通院で、巣材と巣箱の撤去を言い渡され、そのまま18日間様子を観察しました。

前回の通院以後に変えたことは・・・
・巣材と巣箱の撤去 (ハゲの一因?かもしれない物理的要因を排除してみる)
・撤去していた餌皿を戻してみた (新聞紙の上におくと野菜の乾燥がはやいので(^^;)
・アブラナ科野菜をまたまた休止してみる (念のため)

結果として10日前後でうっすら毛が生えはじめ、今ではかなりふさふさになりました(><)!!
獣医さんと一緒にいろいろ考えたのですが、特に薬も与えたわけでもなく、上記したこと以外は食事内容も飼育環境も変えたわけではないのにハゲが回復してきたので、どうやら物理的要因かアブラナ科(?)かもしれないというところまで結論がたどりつきました。

Rop-Hage42(5.03.).jpg

さてさて、ここからちょっと考え直してみます。
今回ハゲが治った理由として、(1)物理的要因の排除(巣箱・巣材の撤去)、(2)アブラナ科野菜の排除、の2つの要因を同時に変更したので、今のままではどちらが影響しているかわかりません。
・・・というわけで、巣箱・巣材は撤去したままアブラナ科野菜を単品ずつ戻していって、原因を特定しようと思います。
なんだかまさに動物実験っぽいですが、アブラナ科野菜のすべての種類を食べられないと、飼い主の経済的にも、ロッピの栄養的にも痛いところなので、ロッピに無理させない程度に試してみようと思います。
4/28~5/1までの日記・写真をまとめてアップしました。

<GWのハゲの様子>
真上から見るとまだ薄い部分はあるけれど、かなりフサフサ☆です~\(^▽^)/。
ハイホー♪♪♪

Rop-Hage37(5.1.).jpg

5月に入って、ハムにも人間にも過ごしやすい季節になりました~。
それでもまだ室外の最高気温は8~13度くらいをうろうろしていて肌寒い毎日ですが、室内気温は暖房がなくても17~20度くらいで安定するようになりました。
外も暖かくなったことだし、このままどーん!!とハゲが治ってくれることを祈ってます♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。