ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
ロッピの状態は食欲・糞などはとっても健康そうです。新しい環境(木枯らしケージ)にもすっかり慣れたみたいで、最初のころのように1日中ずっと床を掘りまくってることもなくなって、ずっと落ち着いた感じになりました。よかった♪。

<3度目のG病院>
ところで、今日は休診日じゃないのを一応確かめて(^^;)、G病院に行ってきました。今日は行く前から聞きたいことがたくさんありましたが、1つ1つかなり丁寧に答えていただけたので、いつものように各項目ごとにまとめてみます。

<ハゲの原因は・・・>
ビタミン剤を投与しはじめて約2週間になります。前回の通院時にはまだつるつるにハゲていて、原因がカビか栄養か内因性かわからない状態でしたが、今回ビタミン剤を投与して毛が生えてきたことから「ビタミンまたは微量元素の不足」だろうということになりました。
ビタミンor微量元素の不足の原因として考えられるのは、例えば「ペレットが開封してから時間がたって酸化してしまった」、「与えたのがキャベツばかりだったのでバランスが悪かった」、「ペレットよりも野菜ばかり食べていた」などが考えられるそうです。わが家であてはまるとしたら栄養バランスが悪かったことかな~っと思いますが、うちで与えているペレットはもらいものなので開封時期がわからないので、今度新しいのを買うことにしました。
それから、今回のハゲの回復に「アブラナ科の野菜を与えなかったこと」はそんなに影響してないと思う…とのことです。なぜなら今回のロッピのハゲは「毛母」がない状態のハゲだったので、毛が生えて皮膚表面にでてくるまで少なくとも3~4日はかかるらしいのです。つまり、今回のキャベツ断ち(18日)をしてから毛が生えてくる(19日)までの期間はわずか1日であり、キャベツ断ちの影響が出るにしては早すぎるそうです。

それから、ロッピの背中はフッサフサになったように見えるけど、よく見るとまだ毛が薄いそうです。なのでこのまま頂いた粉薬がなくなるまで(4月中旬くらいまで)投薬を続けることになりました。

Rop-Hage18.jpg

<レーザー治療>
レーザー治療をするとその部分の代謝があがるので一時的には有効な場合もあるけれども、ハゲの根本原因を直さない限りまたハゲてしまうので、まずは「飼育環境の改善」をするそうです。というか、ほとんどのハゲはこの「環境」が原因なんだそうです(3/4の日記参照)。

※アブラナ科の野菜についての見解も書こうと思いましたが、私が獣医にした質問が思いっきりまちがっていたことに気がついたので(^^;)、また改めて獣医に聞きなおしてから書きます。

<今日の企画もの>
投薬の企画ものは豆腐です。だいぶ前に1回だけ木綿豆腐をあげたことがあるんですが、2ハムともかなり大喜びしてたんです♪なので投薬に使えるアイテムになってくれそう!と思ってさっそくお試し。今日は絹ごし豆腐をあげてみました。

drag17jpg.jpgdrag16jpg.jpg

バッチリですね♪。というわけで豆腐もアイテムの仲間入りです。
よーく考えるとアブラナ科断ちをしたり偏りのない食生活っと思っていたけど、スナップえんどうといいもやしといい豆腐といいみーんな「豆」ですね(T▽T)。まっいいか。

<料金> 
診察料 1340
計 約1,340円
(別途交通費1,680円)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。