ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
はむはむ♪シスターズ様でおもしろい記事を発見しました。

3/28の日記
ジャパンペットフェアに行ってきました。

それによるとイースター関係者に直接聞いた話として、ハムセレの粒のサイズは変わっていないそうです。
ちょっとびっくりしました。そうなのかー、ふーむ。
ということは、この前の情報はまちがいだったことになります。
えせ情報をながしてすみませんm(_ _)m。

ところでこの「2005 ジャパンペットフェア 横浜」ですが、業者とも直接お話できるみたいだし、いろいろな動物も見れるし、しかもゲストとしてさかなくん(笑)が来ていたみたいです。でも残念ながらすでに終わってしまってました。
3/24、25が業者商談日で3/26、27が一般公開日だったみたいです。

個人的には業者商談日にもぐりこんで、一般客には説明しないような詳細な情報や裏情報を聞いてみたかったですね。

スポンサーサイト
<お知らせ>
ロッピのハゲもひと段落ついたので、ハゲに大きな変化がない限りはこちらのブログは週に1~2回の更新にしていきます。

<ハゲの様子>
寝癖がついた状態だとまだ薄毛部分が目立ちます。普段はフサフサにしか見えませんが、この写真のように寝癖がついたままだとけっこう派手にハゲてるように見えますね~。
獣医さんのおっしゃるとおりでした。

Rop-Hage19.jpg

<アブラナ科をあげる頻度>
最近の3日間の野菜メニューはこんな感じでした。
26日:ニンジンと白菜とブロッコリー
27日:カボチャともやしとニンジン(アブラナ科抜き)
28日:ブロッコリーとカボチャ

2匹ともブロッコリーやキャベツが大好物なので、与えると他の野菜を食べずにそればっかりを食べてしまうんです(^ ^;)。なのでブロッコリーはかなり極小のひとふさ、または半ふさくらいだけあげて、他の野菜も食べてもらうことにしました。

<今後の野菜>
とりあえず今後は、まず最初はアブラナ科野菜の割合を少ないところからはじめてみて、徐々に増やしていって、それでも脱毛の症状が再発しなそうならばさらに量を増やしていこうと思います。
手始めに、今週中は2日に1回くらいずつアブラナ科野菜をあげてみようと思います。

これで万が一ハゲが再発したら、改めて獣医に相談するつもりです。

結果としてアブラナ科が悪かったわけではなかったんですが、正直言ってやっぱりまだちょっとアブラナ科野菜をあげるのはドキドキしますけどね~(- -;)。はぅ。
<アブラナ科の見解>
3/18の日記にも書きましたが、アブラナ科の野菜でホルモンバランスが崩れてハゲになるかどうか・・・ということについて、改めて獣医さんにメールで聞いてみました。
以下、いただいたお返事です。

-------------------------------------------------
少し調べてみました。
確かに、アブラナ科の植物に含まれる、ある物質が、
ヨウ素の代謝に影響して甲状腺の機能を乱すような記述はあります。
但し、どの程度の量を食べつづけるとどうなるかは不明です。
(中略)
何につけても、偏食にならないように
食餌内容を組み立てて頂ければ大丈夫だと思っています。
-------------------------------------------------

ということです。
自分なりにも甲状腺ホルモンについてちょっと調べてみたら、アブラナ科の植物によって甲状腺ホルモンの分泌が抑制されて脱毛することがあるみたいです。ただし、獣医さんのお返事にもあったように、どの程度の量が影響するかはわからないみたいです。

ともかく、現状ではアブラナ科の効果はわからないので、わが家の対策は↓のようになりました。
1) ペレットを新鮮なものに買い換える
2) アブラナ科の野菜も含めて、いろいろな野菜をバランスよく与える
3) 環境を清潔に保つために、掃除をまめにする(1~2日)


というわけで、今日からアブラナ科を食事に復帰させます。
今日は白菜とブロッコリーです。アブラナ科以外ではもやし、ニンジン、リンゴをあげました。

※注意:
アブラナ科野菜は決して危険な野菜ではありません!!
人間の場合は腫瘍を予防する効果が大きいことも知られており、アメリカ国立ガンセンターの調査ではキャベツはガン予防のために食べた方がよいオススメ野菜第2位に選ばれています。
獣医さんも言っているようによいと思う野菜を集中的に与えるのではなく、「バランスよく」与えることが大事です(←これについてはかなり自省中です(^ ^;))


<今日は企画ものなし>
今日はヨーグルトで投薬しました。すごい勢いでパクついていたので、だいぶヨーグルトにもなれたみたいです♪
ロッピの状態は食欲・糞などはとっても健康そうです。新しい環境(木枯らしケージ)にもすっかり慣れたみたいで、最初のころのように1日中ずっと床を掘りまくってることもなくなって、ずっと落ち着いた感じになりました。よかった♪。

<3度目のG病院>
ところで、今日は休診日じゃないのを一応確かめて(^^;)、G病院に行ってきました。今日は行く前から聞きたいことがたくさんありましたが、1つ1つかなり丁寧に答えていただけたので、いつものように各項目ごとにまとめてみます。

<ハゲの原因は・・・>
ビタミン剤を投与しはじめて約2週間になります。前回の通院時にはまだつるつるにハゲていて、原因がカビか栄養か内因性かわからない状態でしたが、今回ビタミン剤を投与して毛が生えてきたことから「ビタミンまたは微量元素の不足」だろうということになりました。
ビタミンor微量元素の不足の原因として考えられるのは、例えば「ペレットが開封してから時間がたって酸化してしまった」、「与えたのがキャベツばかりだったのでバランスが悪かった」、「ペレットよりも野菜ばかり食べていた」などが考えられるそうです。わが家であてはまるとしたら栄養バランスが悪かったことかな~っと思いますが、うちで与えているペレットはもらいものなので開封時期がわからないので、今度新しいのを買うことにしました。
それから、今回のハゲの回復に「アブラナ科の野菜を与えなかったこと」はそんなに影響してないと思う…とのことです。なぜなら今回のロッピのハゲは「毛母」がない状態のハゲだったので、毛が生えて皮膚表面にでてくるまで少なくとも3~4日はかかるらしいのです。つまり、今回のキャベツ断ち(18日)をしてから毛が生えてくる(19日)までの期間はわずか1日であり、キャベツ断ちの影響が出るにしては早すぎるそうです。

それから、ロッピの背中はフッサフサになったように見えるけど、よく見るとまだ毛が薄いそうです。なのでこのまま頂いた粉薬がなくなるまで(4月中旬くらいまで)投薬を続けることになりました。

Rop-Hage18.jpg

<レーザー治療>
レーザー治療をするとその部分の代謝があがるので一時的には有効な場合もあるけれども、ハゲの根本原因を直さない限りまたハゲてしまうので、まずは「飼育環境の改善」をするそうです。というか、ほとんどのハゲはこの「環境」が原因なんだそうです(3/4の日記参照)。

※アブラナ科の野菜についての見解も書こうと思いましたが、私が獣医にした質問が思いっきりまちがっていたことに気がついたので(^^;)、また改めて獣医に聞きなおしてから書きます。

<今日の企画もの>
投薬の企画ものは豆腐です。だいぶ前に1回だけ木綿豆腐をあげたことがあるんですが、2ハムともかなり大喜びしてたんです♪なので投薬に使えるアイテムになってくれそう!と思ってさっそくお試し。今日は絹ごし豆腐をあげてみました。

drag17jpg.jpgdrag16jpg.jpg

バッチリですね♪。というわけで豆腐もアイテムの仲間入りです。
よーく考えるとアブラナ科断ちをしたり偏りのない食生活っと思っていたけど、スナップえんどうといいもやしといい豆腐といいみーんな「豆」ですね(T▽T)。まっいいか。

<料金> 
診察料 1340
計 約1,340円
(別途交通費1,680円)
<今日の投薬企画もの>
今日の企画ものはクリームチーズです。

drag15jpg.jpg

↑をつまようじでくるくる混ぜてからあげてみました。そのまま私は寝てしまったので(^^;)食べているところはみていなかったんですが、朝チェックしたらバッチリ食べてました!!

普通のチーズじゃなくてクリームチーズにしたのは塩分がかなり少ないからです♪でもたぶんペットチーズの方が安全かな?
<まちがえたっ>
今日病院に行ってきます!と宣言しましたが、今日は休診日でしたっ(^ ^;)。行く前に調べてよかったぁ~。おっちょこちょいな私ですっっ。あぶないあぶない。
明日はどうしても抜けられない用事があるので、病院はあさってにします。

<いろいろリベンジ>
昨日の食パン&もやし企画はあえなく玉砕してしまったのですが、せっかく買ったので(←ビンボくさいっ)今日もパン&もやしでリベンジですっ。

drag13jpg.jpg

昨日と一緒でスプーンを見て走ってきたロッピ。食べるかな~とドキドキしていたら、今日はバッチリ食べました\(^▽^)/!! ブラボーッッ!!!
昨日惨敗だっただけに、リベンジ大成功でめちゃくちゃ嬉しいです~♪

drag14jpg.jpg

これで食パンも粉薬の投薬に使えるアイテムの仲間入りですっ。
今までの「投薬企画もの」だけでも「高野豆腐」「食パン」「バナナ」「りんご」「ヨーグルト(+アワ?)」と5つも使えるアイテムが見つかりました。果たして、あといくつ見つけられるかとっても楽しみですっ♪♪

<まだ微妙にハゲてる部分が・・・>
昨日、フッサフサで小躍りしてましたが、今日パンを食べてるのを上から見てたら、まだ微妙にハゲている部分がありました。この部分はまだピンク色をしていて灰色にもなっていません。徐々にハゲが移動しているのか、治っている途中なのか、新たなハゲなのか・・・・。とにかくハゲが再発しないといいですが・・・・。

<野菜企画ものリベンジ>
こちらもリベンジ、もやし。バッチリ食べてくれました♪
アブラナ科以外の野菜の方は、「さやえんどう」「もやし」「ニンジン」「かぼちゃ」「さつまいも」の5本立てが基本になりそうかな~。ニンジンはわが家の2匹にはあまり人気がないので微妙ですけど、「飼い主のふところ的(笑)」には大人気なのでぜひ食べて欲しいですっっ。

moyashiroppi.jpg
<急激に回復・・・すばらしいっ>
ハゲた部分にどんどん毛が生えてきています。今日、間近でじっくりみたら、後から生えてきた毛の長さが長いっっ(@0@)!!
灰色になってきたなぁと思ってから、まだ「4日」ですから~♪
改めてハムの回復スピードの速さを実感しました。すばらしいっっ!!!

見てくださいっ、この写真。

すでにフッサフサです~っっ!!

Rop-Hage17.jpg

よかったぁ(T T)。このままハゲが再発しないことを祈るばかりです。

<今日の企画もの・・・・総崩れの巻>
今日の企画ものは食パンです。

drag10.jpg

前に液状のお薬を投与方法で悩んでいたときに、食パンのことを教えていただきました。そして、そのときはバッチリうまくいきました。なので、きょうの企画ものもすんなりOKかな~っと思ったら、食べませんっっっ(T▽T)。なんで~?

興味は示したんですよっ。だっていつもの様にスプーンを見て走ってきたし、くんくんしたし、ぺロッと舐めたし。

drag11.jpg
↑ペロッとした瞬間

なのに、ぷいって・・・。
しばらくじーっと待ってみたけど戻ってくる気配なし。

うううっ、仕方がないので昨日試したヨーグルトに粉薬をふりかけてあげてみました。
そしたら、またスタタタッと走ってきて、くんくんニオイをかいでダッシュで逃げました(@0@)!! ・・・だから、なんで~(T▽T)?
近づける→ダッシュで逃げる→近づける→ダッシュで逃げる(- -;)。
こちらもしばらく置いておいてじーっと観察してましたが、二度と近づく気配なし・・・。

うううっ、さらに仕方がないので、大好きな高野豆腐の粉にお薬を混ぜてあげてみました。
・・・・・・・・・・・たべません(T▽T)。
うひ~っ。お腹がすいてないのかにゃ?

drag12.jpg

そんな私の目の前で、ひま種をカリコリ、スナップえんどうをぽりぽり・・・。がくっ。
今日の野菜版企画もののもやしも食べてもらえず・・・。はぅ。

<明日また病院>
明日3度目のG病院に行ってきます。ハゲのこと、お薬のこと、食べ物のこと、治療法のこと、今後のこと・・・・いろいろ相談してきます。
<毎日うまうまな日>
ここのところロッピがぷっくりしてきたような気がします。投薬のついでにうまうまなおやつをもらっているせいでしょうか?
ハゲが治っておデブになったら、それはそれで微妙ですね(- -;)。すでにナナがおデブさんなので、2匹ともダイエット・・・ついでに飼い主も・・・って、なかなか精神的に木枯らしが吹きそうです。

<低脂肪ヨーグルト>
買い忘れなかったので(^0^)、今日の企画ものはヨーグルトです。低脂肪ヨーグルトというのが売っていたので、それにしてみました。だってロッピはちょっとぷっくり・・・(笑)。

drag9.jpg

反応は、意外なことにすぐには食べませんでした(@0@)!!ほかのブログさんで好評な感じだったので、こりゃああっさりいけるかな~っと思っていたのに、ぷいって・・・。がーん。
ナナと違って、いやしんぼのロッピ様はたいがいのものは食べるのに・・・(- -;)。
というわけで、ちょっと作戦変更です。ヨーグルトで釣られないなら、ヨーグルトに魅力的なアイテムをプラスすればいいんじゃない?と思って、ヨーグルトの上に3粒くらい「アワ」を散らしてみました。待つこと5秒。

ドキドキドキドキ・・・・。

あっさり食べました(早っ)!!
というわけで、ヨーグルト(アワ?)も投薬に使えるアイテムの殿堂入りですっ。

<アブラナ科以外のお野菜>
ところで、アブラナ科以外のお野菜を買い込んできました。こちらもハムたちに初めてあげるものがあってネタになりそうなので、こっそり「野菜版企画もの」になりそうです(笑)。そして記念すべき最初のお野菜はじゃじゃーん、「スナックえんどう

Rop-Hage16.jpg

これがびっくりするくらい、すこぶる大人気でしたっっ♪♪試しに私も生でそのまま食べてみましたが、おいしい♪♪野菜企画第一弾は大成功でした。ただし、高いからめったに買ってあげられないけど(T▽T)。
<今日はバナナ>
さてさて、投薬に使えそうな食材を探す企画第三弾(?)はバナナです。写真はバナナに粉薬をかけたものです。直接に粉薬をふりかけただけでは粉っぽい感じがしたので、ちょこっと水を垂らしてバナナに粉薬をなじませてみました。バナナは生まれて初めて食べさせてみたんですが、ロッピの食べっぷりは上々♪あげた瞬間に手にとって食べてました☆

drag7.jpg

果物ばかりだとさすがに糖分過剰になりそうなので、朝は高野豆腐、夜は企画もの(?)の食材にしていこうと思います。というわけで、明日はヨーグルトを試してみるつもりです。買い忘れなければ・・・(^▽^;)。

それにしても、バナナなんて買ったの、人生で2回目です。しかも、この前買ったのは・・・15年前以上のお使いかもっっ(@0@)!!うひゃ~。

↓目が「うまうま度」を物語ってます(笑)
drag8.jpg
<うっすら>
気のせいかしらっっ!? 皮膚がうっすら灰色になってきたような!? 気のせいかな~むむむ。このまま治ってくれるといいなぁ★★★。食欲、うんちの状態、活動などなど、あいかわらず見た目はいたって元気なロッピです。ただ、気になることがいくつか。
まずは、病院に行くようになってから、すっかり昼型(というか朝型)ハムになってしまったこと。起きるのは朝の6~7時で、そのまま10時くらいまで床をしゃかしゃか、カリカリ掘りまくってご就寝。うーん、まぁ元気だからいいけど・・・・・・・。
それからもう1つ。すっかり巣箱でトイレをするようになってしまっこと。がーん。皮膚病にはよくないのになぁ・・・・・・・。毎日床材を換えるからいいけど・・・・・・・・・うーむ。本末転倒??

Rop-Hage15.jpg

<リンゴを試してみました>
とりあえずリンゴを使った投薬を試してみました。ロッピはリンゴが大好きなのでいけるかな~っと思ってたけど、やっぱりイケましたっっ!!! お薬がついていてもシャリシャリおいしそうに食べてました♪♪でも・・・一番薬がついた部分は微妙に残してたような気もしなくもない・・・(- -;)。
とりあえず、リンゴは使えるアイテムに登録決定!!

drag6.jpg
<ほかにも静かなハゲ経験者がいらっしゃいましたっ>
いつもお世話になってるサイト(ハムエッグさん)の掲示板で、気になる情報を教えていただきました。情報を教えて下さった方のジャンガリアン(♀、ノーマル、生後7か月)も、以前に「静かなハゲ」を経験なさったそうです!!! その方がかかった動物病院では「レーザー治療」と「ホルモン剤投与」を行ったそうです。そしてなんと2日で毛が生えてきて、5日で毛が生えそろったそうですっ(@0@)!! あまりの早さにびっくりっっ!! ただし、どちらもリスクがある治療法だと思うので、ちゃんと獣医に診断してもらってからじゃないとロッピに効くかどうかは私には判断できません。なので今度、私の通っている獣医にもそれとなーくレーザー治療とホルモン剤投与のことを聞いてみようと思います。

<キャベツ!?・・・盲点でした>
それからもう1つ気になる情報を教えていただきました。アブラナ科の植物がホルモンバランスを崩す可能性があるということです。わが家ではお野菜と言えば9割くらいがキャベツでした。・・・まんま、アブラナ科ですね~(- -;)。キャベツといえば「ガン」を抑制する食物として人間ではたくさん食べることを推奨されている食物です。そんなこんなで、「ハムの腫瘍を防いでくれるかな~」と思ってガンガンあげてましたが、もしこのキャベツが原因でホルモンバランスが崩れてハゲができたなら本末転倒でしたっ(^ ^;)。ハゲの原因がわからない今、キャベツなどのアブラナ科を排除することでハゲが治ればかなりラッキーです♪♪とりあえず、今晩からアブラナ科を控えてみようと思います。

↓ちょっと前の写真 ロッピはキャベツ大好き
kyabetsufumifumi.jpg

<ところでアブラナ科じゃない野菜って・・・>
気がつけばハムたちにあげていた野菜はほとんどアブラナ科でした。っというか、リーズナブル(ここ大事)な野菜ってほとんどアブラナ科ですよね~(- -;)。

アブラナ科のお野菜
キャベツ、ブロッコリー、チンゲンサイ、ダイコン、ハクサイ、カブ、コマツナ、ミズナ、ターサイ

がびーん。これ以外のお野菜は・・・ちょっと懐がつらいかもっっ・・・・。
それ以外のお野菜でハムが食べそうなものを他のブログさんから探してみたら、

ニンジン、カボチャ、マメ類

うーん、これだけ・・・(- -;)???
キュウリとかナスとかトマトは夏だしなぁ・・・。レタスは下痢したら怖いしなぁ・・・。
むむむむむむむむむむむむむむむむ・・・(- -;)。
しかもロッピもナナも、ニンジン食べなかったのよね、前に。

スイカとかイチゴとかも野菜と言えば野菜だけど、高いしいつもはあげられない。それに糖分が多いものは常備野菜にしたくないしなぁ・・・。むむむむむむむむむむむむ。
けっこう困ったゾ。
<ブログ>
あちこちのハムブログを見ていると、けっこうハムのハゲで悩んでいる飼い主さんっているんだな~っと思います。原因はさまざまで、栄養性だったり、ホルモン性だったり、おデブハゲだったり、単なる擦れハゲだったりなどなど・・・。
それから、あちこちのハムサイトさん巡りをしていると、たまに闘病日記が載っています。でもハゲ日記ってほとんどないんですよね~。あんまり長期戦になるハゲってないのかな。病院にいけばだいたいの場合はハゲの原因ってすぐにわかるもんなのでしょうか?

<実はちょっと気になってたこと>
ところで「ストレスハゲ」って、ほかの病院ではどうやって診断してるんでしょう????短時間の問診だけだったり、巣材やエサを聞くだけではこの「ハゲはストレスハゲですね」って診断できないですよね?
それから、ハゲの原因がわからないときってどうしてるんでしょう??とりあえず放っておくわけにもいかないから、とりあえず皮膚を強化する薬を処方してむりやりハゲを治すのかな・・・??? うーむ、気になる。
今通っている獣医のように、長時間の問診なんて普通はしてくれないんだろうな~。うむむ。やっぱり謎なり。いつかどこかの掲示板で聞いてみようっと。
<動くおやつ>
高野豆腐とひま種を毎日もらっていてごきげんなロッピです♪♪でも、かなり長いこと(2週間以上)ミルワームがご無沙汰だったので、久しぶりにあげてみました。たまには動くおやつを食べて生き生きとしている顔を見たいんです~。
で、やっぱりとってもうまうまなお顔でした♪闘病生活中の心の潤いですっ。(←飼い主の(笑))

mealwormr.jpg

<アニファ4月号~ハムのハゲ特集~>
ちょっと気になることが・・・。またハゲがちょこっと広がったかもしれません(TxT)。ひま種のおかげで毛づやがバージョンアップしただけに、毛のない部分が目立ちます。「アニファ」という雑誌の2005年4月号にハムのハゲ特集がのってると聞いてあわてて買いに行ったのですが、ロッピのハゲに関係する有用な情報はありませんでした。っていうか、書いてあることはみんな知ってた・・・。立ち読みでもよかったかも~と貧乏人まるだしな発想をしてしまった(- -;)。はぅぅ~、どこかに情報は転がってないかな。

Rop-Hage14.jpg
<粉末こそ必要だった>
今まで、高野豆腐をちょうどいい大きさに砕くのってむずかしいなぁ~と思ってました。大きすぎると途中でほお袋に入れたり食べ残したりしてお薬をちゃんと食べてもらえないし、小さすぎるとお薬臭くて食いつきが悪い・・・。しかもちょうどいいサイズに高野豆腐を砕こうとすると、けっこうたくさんの高野豆腐が粉々になってしまう。「あらま~粉々になっちゃった。こりゃ料理に使えないわ~むむむ~」、と思って高野豆腐の袋をながめていたとき、突然アイデアがひらめきましたっ!!
「・・・・ん?これを使えってペーストにすればいいんじゃんっっ!
そうなんです。高野豆腐の塊の方じゃなくてむしろ粉の方がきちんとお薬を食べてもらうには効果てき面だったんです~。

drag4.jpg

<ペーストの作り方>
それで、実際にどう作るかというと、粉末状になった高野豆腐に粉薬をふりかけて、その上から水を数滴たらして良く混ぜるんです。それで数分間放置すると高野豆腐が水を吸ってペースト状になるんです~。
これはすごかった。
お薬も残さず食べさせられるし、食いつきも超Good!!
形は違うけど同じものをあげたはずなのに、この食いつきの差はなんなんでしょうね(・o・)?
でも、粉薬をバッチリ食べ。させる技が見つかってよかったです~♪

drag5.jpg
<キャベツ作戦失敗(T▽T)>
はぅぅ。キャベツ作戦は失敗です。かなり小さめなキャベツにお薬をふりかけてあげたら、そこの部分だけ食べなかった・・・(- -;)。うぬぬ、もっと小さくしなきゃダメなのかな。
キャベツがダメならリンゴという手があるさっ!! というわけで今度はリンゴを試します~。

Rop-Hage12.jpg

<気まぐれハムさん>
昨日の夜に食べてくれなかった高野豆腐。でも、今朝と今夜は食べたんですよ、薬つきでも。食べるときと食べないときがあるんです。いつものロッピなら走ってきて飛びつくぐらい大好きな高野豆腐だけど、薬つきだと食べるまでにかなーり時間がかかるのでニオイが気に入らないのは確かみたい。相当にお腹がぐーぐーならば食べるのかな~。それなゴハンもなにも置いとかないで、薬つき高野豆腐を食べるまで他のなにもあげなければよいのかしら?その作戦も明日試してみようっと。
<まっ、まずいの?>
新しくもらったお薬。当然さっそく味見してみました。 うっ・・・・変なニオイ(- -;)
どこかで嗅いだことのあるニオイだな~と思ったら、ダイエット食材として数年前に流行したビール酵母のニオイじゃないですかぁ!!!! もっとわかりやすく例えるならば、「金魚のエサ」のニオイ。どうりで「うっ・・・・・」と思ったわけだ(- -;)。

drag3.jpg

昨日の夜は湿らせた高野豆腐に薬をふりかける作戦でスムーズ♪に食べてくれたのでよしよし・・と思ってましたが、今日になったら、高野豆腐をロッピが食べないんです~(T▽T)。ナナよりも食べ物に関してびびり~じゃなくて、なんにでもがっつく「いやしんぼさん」なロッピが高野豆腐を食べないなんて( ̄□ ̄|||)・・・どうしましょ。こんなことは初めてだよ~~。やっぱりロッピも「おえっ」と思ってしまったの??? そういえば昔、私もビール酵母を食べてあまりのまずさに吐いたような記憶が・・・・・・・。でも、昨日の味見ではそんなにまずく感じなかったけど、食べる量が足りなかったのかな~。ハムと人間の味覚は違うはずだけど、ビール酵母はハムにとってもやっぱりまずいのかしら。
ちなみに、獣医さんが「その子が好きな野菜にふりかけてあげてくださいね・・」と言っていたので、今夜はキャベツにふりかけてみます。お願いだからちゃんと食べてね。

Rop-Hage11.jpg

<ちっこ対策>
巣箱と回し車ちっこの対策ですけど、気になるようなら回し車とか巣箱を外してくださいとのことでした。良く考えてみれば、そう言われるのは当然でした。だって、もともとこの獣医の推奨する飼育方法は床材の新聞紙のみのスーパーシンプル法でしたから(T▽T)。

※薬の成分については経緯参照。
<投薬生活再び>
G病院に行ってきました。これで2回目です。
とりあえず、今日から1日2回のビタミン剤の投与がはじまりました。

環境改善およびヒマワリの種で1週間たちました。皮膚表面の様子にも特に変化はなく、食欲、運動、糞の状態などはあいかわらず健康そのものです。それから、ヒマワリの種のおかげで毛づやがつやつや☆になりましたねと言われました。
ハゲの状態は、微妙に面積が広がったような、(真上から見ると)背中の線よりも右にハゲが移動したような気もしますが本当に微妙でよくわからないです。耳の後ろが薄毛で、背中にハゲがあるのでU字型に見えます。

いまのところ考えられる原因としてはカビ、それ以外では考えられるのは、とても可能性は低いけれどもハゲがU字型で微妙に左右対称なので、ホルモン性ハゲの可能性もあるとのことでした。ただし、ホルモン性ハゲで首にハゲができたのはみたことがないそうです。
カビのお薬は副作用がでることがあるのでちょっと1週間試す・・・というわけにいかないそうなので、しばらくはビタミン剤で様子をみてみましょう、とのことでした。
症状にもよりますが、原因を取り除ければ2~3週間で毛がふさふさになるそうです。ケージ更新の効果が出るまではもうちょっとお預けという感じかしら。ケージ内の環境はしばらくこのままを維持して、もう少し様子をみることになりました。
それにしても、ふっふっふっ!! もう投薬と言われても怖くないもんねっ。私には強~い味方、高野豆腐君がいますから~。

<料金> 
診察料 1500
お薬代 
計 約2,260円
(別途交通費1,700円)
<投薬用BOXの使い道>
今ではすっかりお掃除の時の避難所となっている「・投薬用BOX」です。普段硬い新聞紙の上ばかり歩いているので、たまにはチップの上を歩くのも気持ちよさそう♪右にチラッと見えているのは体重測定に使う計量計のお皿です。日々、このお皿の上でミルワームをあげたりひま種をあげたり、ハムを移動させるときに使っているせいか、ハムたちはこのお皿にのるのが大好き。体重測定のときにいきなりお皿に乗せられるストレスをできるだけ減らそうと思って努力してきたかいがありましたわ♪それにしてもたまに降りてくれないのは困るけど・・・(笑)。

dragbox3.jpg

<巣箱でちっこ、回し車でもちっこ>
ところで、ケージを毎日掃除するようになってからのこの1週間を振り返ってみるとショックなことが。それはロッピのちっこ・トレーニングが振り出しに戻ったことです。ケージからトイレを撤去してからはロッピが巣箱でちっこしてしまうようになりました。今日で2回目(T▽T)。最初の1回は最初の日だったので「新しい環境になって怖かったんだろうな~」と思いましたが、このごろけっこう慣れてきた感じだったので、まさか2回目があるとは思いませんでした。なんでだろ~(- -;)?
しかもっ、回し車でちっこする頻度も高くなりました。というか、回し車の方はほぼ毎日だったかも?がーんがーんがーん・・・。
おしっこやうんちのついた汚い床材・巣材を毎日新しいものに交換して皮膚病を防ぐ治療法のはずなのに、こ、これじゃあ悪化しちゃいそうですっっっ!!!がびーん(T▽T)。
明日また病院に行くので、対処法を先生に聞いてみますね。はぅ~。

RopHage11.jpg
<ひたすら破く、掘る>
今日も朝からひたすら床に敷いた新聞紙を掘る→破く→掘る→破くの繰り返しでした。ロッピの朝のシャシャシャッ、ビリビリビリッ、シャシャシャッ・・・は、最近、私の朝のめざましがわりになってます~(- -;)。
今日は久しぶりに回し車にちっこをしていました。トイレがなくなったからどこにするか悩むのは解るけど、「ちっこ車」にするのはやめてくだされ。
うんちの色、形、硬さも良好、食欲も旺盛、あとはハゲだけ!!!!
・・・ってもう何回か同じこと言いましたっけ?
<ハゲが移動してる????>
今日はハムハムたちの里親さんを私に紹介してくれた友人がわが家に遊びにきました。その友人の家にもたくさんのハムスターがいるので、ハムスターのハゲについても聞いてみましたが、やっぱりロッピのような長期間治らない原因不明のハゲは見たことがないと言っていました。ちなみに、友人宅のハムはちょこっとハゲたことがあったけれども、特になにもしなくてもあっというまに治ったそうです。むむむ。

Rop-Hage10.jpg

ロッピのハゲはやっぱりちょこっと広がっている?かもしれません。耳の後ろが前よりもなんとなく薄くなった気がします。
あと、もう1個不思議なことがあって、前は背中の真ん中のちょっと右にあったハゲが、だんだん右側にずれてきている?ような気がします。気のせい? でもなんでだろう、むむむむ?
<とにかく元気に見えますが・・・>
ロッピの見た目はとにかく元気です。あのお寒い木枯らしケージ( ! )にも徐々に慣れてきたみたいで、紙の巣箱ではなく、新聞紙を丸めた筒のなかで寝るようになりました。
ナナのケージも木枯らしケージにしたのですが、現在はロッピの方だけ保温しています。なのでナナには巣材を少し多め入れて、ロッピには巣材はちょっぴりだけど保温することで乗り切ってもらってます。
ところで、最近のロッピはなんだか昼間に起きて夜は爆睡してる気がします。光条件(ハムケージは朝6時日の出~夜9時消灯)や人間の出す生活音など、人間の生活パターンはまったく変えてないので、ロッピ自身の生活パターンがずれているのだと思います。たぶんずれはじめたのは2月後半くらいからで、その頃から昼間にもぐらのように床材を掘り起すことが続いていたので、夜は寝る時間、昼は掘り起こす時間になってしまったのでしょう。獣医にそのことを伝えましたがそれはハゲには影響はしないみたいなので放ってあります。でも、早くハムの自然の状態(夜型)に戻ってほしいです。
<丸からしま状へ?>
そういえばこの前の通院のとき、獣医に気になることを言われました。「ハゲがしま状じゃないですか?」と。
2月初めくらいのときは明らかに円形だったハゲが、このまえのG病院へ通院したときは耳の後ろも薄毛になった感じの「しま状」になっていたんです。獣医の言った「しま状」が「縞状」か「島状」かはさだかではありませんが、よく見ると確かにそんな感じです。
私としては、M病院で2週に渡ってワセリンを塗られたために、ワセリンが取れるまでずっとロッピが頭を掻いていたせいではないのかな~と思っているのですが、本当の理由はよくわかりません。
とにかく、これ以上広がらないことを祈っています。
もうワセリンは塗らないからカキカキしないでねっ、ロッピ。

↓2月初めは円形ハゲだった
sick-hagearea1.gif

↓3月初めはしま状に。(縞状?島状?)
sick-hagearea2.gif
<朝まで堀りまくり>
いつも朝6時~6時半くらいには寝る2匹ですが、今日は8時過ぎまであばれまわっていました。ふかふかの寝床がなくなってしまったので、寝る場所と巣材を求めてひたすらケージの角っこの新聞紙を掘っていました。突然にお気に入りの寝床はなくなるし、大好きだった砂場もトイレもない、そして足元には硬くて平らな新聞紙が敷いてあるだけ・・・。ハムたちにすれば「なんなんでちゅかぁ!!」という状態でしょうね(- -;)。
床に敷いた新聞紙は、ハムたちの踏みごこちを考えて丸2日分の新聞紙を半分に折ったものを敷いてふかふか効果を狙ったものの、当然チップや細切り新聞紙のような踏み心地は再現できませんでした(T_T)。当たり前か・・・。
G病院の獣医さんが推奨するこの飼育方法は皮膚病の予防はできそうですけど、ハムスターが暮らしていて満足感が得られているかどうかがわかりません。といっても、今までのケージでも満足が得られているかどうかはわからないんですけどね。今は、環境が変わったせいで新たなストレスハゲができないことを祈るばかりです。

garan.jpg

<投薬はないけど水洗いの日々>
あれほど気を使っていた投薬が終わりほっとしていたのもつかの間、毎日大きな水槽ケージを水洗いする日々が始まりました。ケージが大きいと掃除がおろそかになる・・・と言ったG病院の獣医の言葉はかなり当たっています。大きな水槽ケージ×2個を毎日水洗いすることは、考えただけでもちょっとブルーです~(ToT)。とほほ。
毎日洗うなら小さいケージの方がオススメですが、ハムの生活空間を考えたら広いケージにしたい。結局、飼い主がどこまでがんばれるか・・・ってことですかね。はぅ~~。
<アガリクスの効果>
前回も登場したハムセレについて、獣医から新しい情報が入ったのでご報告します。
まず最初に、アガリクスなどの免疫向上系の薬や食品は「細胞表面の糖鎖の形に影響したり機能を高めること」により免疫力を向上させるものだということがわかりました。
・・・ただし、この「免疫力を高める効果がありそうだ」というのが「なんとなく」わかっているのは「人間の場合」だそうです。つまり、人間ですら、ちゃんと効能があるのかどうかわかっていないのが現状だそうです。

HamsterSelection.jpg

<糖鎖って?>
昔習ったはずの糖鎖に関する記憶がうろ覚えだったのでネットで調べてみたら、糖鎖というのはすべての細胞表面にある多糖類の鎖のことだそうです。糖鎖の重要な役割としては、自分の細胞とそうでない細胞(ウィルスや他人の血液など)を区別する、個体識別という働きがあります。風邪の時に白血球が敵(ウィルス)を攻撃してくれるのはこの細胞表面の糖鎖のかたちが違うので異物(ウィルス)を認識して排除するプログラムが作動するからなのです。それ以外では血液中の糖鎖の形によってA型、B型、AB型、0型に分かれていることも有名ですね(血液型)。
糖鎖が正常に働くと異物を排除してくれる力が高まるので、結果として免疫力は高い状態になります。この糖鎖の働きを活性化すると言われている部分がアガリクスの効果であり、腫瘍を防ぐと言われる一因になっているわけです。
ちなみに、人間用アガリクスを販売している通販をネットで調べると、かの「レーガン大統領や夫人も愛用」と書いてありました。しかし別のサイトによると、この情報、ちゃんと元をたどって調べていくと情報の出所は不明なんだそうです。どうやら健康食品にありがちな、有名人の名前を使った過剰宣伝のようですね。

<ハムセレの粒の大きさ>
獣医から言われた一言は、「ハムセレのサイズは、もっともほお袋のなかに詰まって出てこなくなるサイズです」。いくつかのハムサイトを見ていて知ったのですが、ハムセレの粒のサイズがまた小さくなったとか・・・。これ以上げっ歯類の食べ物を食べやすく&やわらかくしてどうするんだよ~!というのが正直な感想でした。ちなみに全然関係ない話ですが、現在のわが家ではハムセレは「ミルワーム」さんのエサになっております。ある意味かなりもったいない使い方かもね(- -;)。

Hamsele-Experiment.jpg
<回し車くるくる>
過去2回の通院では、病院から帰ってくると食欲が激減して回し車もまわさないでひきこもっているロッピだったので今回も心配して見ていたわけですが、昨夜はなんと回し車をくるくる回していました~っo(^▽^)o!! やっぱりワセリンを塗られなければ調子いいのねっ。食欲は微妙ですがお野菜はバッチリ食べてます。それから、久しぶりにひま種をもらってむしろ飼い主ラブラブ度があがったような気も(笑)?

<ケージ内大改造>
さてさて、獣医に言い渡された「飼育環境改善」をさっそく実行に移すわけですが、仕上がりはとっても殺風景でした。前もって獣医さんのハムちゃんのケージを実際に見せていただいていたので覚悟ができていたとはいえ、あまりのケージ内の寂しさに木枯らしがひゅるるる~~~~( ̄▽ ̄;)と吹きまくっております。だってね、だって・・・ホント~にな~んにもないのよっっ、奥さんっっ。(←って誰?)。

↓今までのケージのようす
cage.jpg
↓リニューアル後
cagerenewal.jpg

回し車と給水器はあるけど、はいっ、それだけ。なんて寂しいんでしょ~(ToT)。獣医さんのとこでは回し車も給水器も入ってなかったからもっと寂しい感じでした。。。。。
ものさびしいケージになっちゃったけど、もしこれでハゲが治ってくれれば万々歳です。とにかく1週間後の通院まではこれでがんばってね、ロッピたん。
<気分は大どんでん返し>
新しい動物病院に行ってきました。 前回までのM病院と今回のG病院の考え方にあまりにも差があって(私が)軽いパニック状態になっています。結論を先に言ってしまえば前回のM病院の獣医よりも、今回のG病院の獣医の方がずっと信用できる気がしました。というのも、G病院はハムスター診察を1番の売りにしている病院であり、HPでもハムスター飼育相談をしているし、獣医自身がハムスターの生態に詳しく、これまでたくさんのハムスターを飼育してきて現在も飼っていること、それから飼育相談に長い時間を割いてくれたからです。

M病院とG病院の違いはたくさんあるのですが、なかでも「皮膚検査方法」、「薬の処方」そして「飼育環境に関する考え方」が大きく違っていました。

【各病院の考え方】
●前回のM動物病院の考え方(獣医が5~6人いる大きな病院、ハムスターも診れる)
温度は20度以上に保つ
床材(広葉樹チップ)・主食(実験用ペレット)・ひまわりの種の頻度(週に1~2個)について聞かれ、特に問題なしと判断される
最初から薬を処方される(皮膚検査→抗生物質1週間投与(細菌性脱毛を疑う)→免疫アップの薬投与(当初、腫瘍の可能性があったということと、免疫力低下によるダニの発生を防ぐため))
最終的に、ハゲの原因は不明

●今回のG動物病院の考え方(獣医1人だがハムスター診察が一番の売りの病院、HPあり)
まず最初に飼育環境などについて徹底的に問診(なんと1時間半くらい)
M病院の皮膚検査の方法(ワセリン+掻きとり)や薬の処方の仕方(いきなり抗生剤を処方したり、抗生剤なのにたった1週間だけの処方だったり、免疫向上の薬のこと)について、ハムスター向きの治療ではなく無謀だし、ハムスターは体が小さいので薬はとても慎重に使わなければならないものですと言われた

<今回のG病院の推奨する飼育環境>
・床には切ってない新聞紙のみ、チップは使用しない、巣材は30×1cmに切った新聞紙をたったひとつかみだけ入れる。掃除は毎日~1日おき。
・ハムスターの臭腺のニオイは水洗いしたくらいではとれないので床材交換はマメにしても大丈夫
・チップや新聞紙をたっぷり敷かないのは、糞・尿のついた床材にもぐることで体中に糞・尿をこすり付けているのと同じことになり、皮膚病の原因になる
・トイレ、砂場、巣箱、エサ箱、(回し車)はいらない。つまりケージ内には床材の新聞紙のみという驚くほどシンプルな飼育法を推奨(実際にその獣医もこの方法でたくさんのハムスターを飼育してきたらしい。実際に1匹見せていただいた)。ただし、新聞紙の端を丸めてハムスターがもぐれる筒(穴を数か所あけたもの)をつくってあげる。ものが多くなったりケージが広すぎると掃除がおろそかになり細菌が繁殖して病気になりやすくなる。
・ケージの温度は10-16度でも問題ないが、もうちょっと高めでもいいかも?と言われる(冬眠の原因としては温度、日長もあるがむしろエサがないことが一番大きいらしい)

newspaper-holeside.jpg newspaper-hole.jpg

<そしてG病院の推奨するエサ>
・ニッパイの(ハード)フードと野菜(ビタミン補給)ヒマワリの種を毎日1~2粒
ヒマワリの種→殻に穴が開いてない(=酸化してないもの)を毎日1~2粒与えなければならない(1粒は必須とのこと)→良質の植物性脂肪を補充
・穀類(トリのエサ)は与えなくていいというか、与えない方がいい
・「ハムスターセレクション」について→「僕は反対派です、そこらへんの鳩にでもまいてあげちゃってください」「アガリクスは糖鎖によって免疫力を高めるんですけど、なぜ健康体に糖鎖を与える必要性があるのかわからない」とおっしゃってました(@0@)
・ニボシはカルシウム補給の意味ではほとんど意味がない

<ハゲについて所見>
・検査は毛を数本抜いて顕微鏡でみる方法(M病院のワセリンにかなり批判的だった)
・毛が生えているところと生えてないところの境界がカサカサしていない→カビじゃない
・ハゲている部分が足の内股や手ではない→ストレスハゲの可能性はない、または低い (特に、今回のハゲはもっとも届きにくい首のうしろだし、ストレスハゲの場合は自分で舐めたりかきむしることが多いので手足や口の届きやすい場所にできるらしい)
・皮膚がベタベタしたりフケがあるわけでもない、ダニもいない→細菌、ダニではない
・現段階では原因は不明
・以上を踏まえて、どんどん広がるタイプのハゲではないので「静かなハゲ」と命名されました。

kyabetsufumifumi.jpg

薬はなるべく使わないほうがいいので処方しません、とのことでした。前回の病院でもらった薬も与えなくていいといわれました。環境を改善し、ひまわりの種を与えてみて1週間後にまた通院してくださいと言い渡されました。それでも治らないときはビタミンを投薬してみるそうです。
正直言って、これまで見聞きしてきた飼育方法とはまったく違っていたので、ぽかーん(・o・)という感じでした。でも、それでもしかしたらハゲが治るかもしれないし、細菌性の皮膚病の場合はこの獣医の推奨環境で治ったケースがあるらしいので、今回は細菌性ハゲではないですが、しばらくは推奨環境を試してみようと思います。
<1日延期>
今日は病院に行くのをやめました。ハム的理由ではなく飼い主の都合です。
ハゲは変化なし。もしかすると少し広がっているかもしれません。気のなることが1つ。最近ロッピが回し車を元気に回しているところを全く見なくなりました。夜もほとんど寝てるし。。。これがなにか危険な兆候でないことを祈るばかりです。

Rop-Hage9.jpg

<お気に入り>
投薬に使っているスプーン。このスプーンはいつもミルワームや高野豆腐やアワなどロッピの大好きなものばかり運んでくる奇跡のスプーン☆★なので、ロッピはとても気に入っています♪だからこそ液体の薬をこのスプーンで与えたときに飲んでくれるかな~と期待していたのですがさっぱりダメでした。ちなみに今はこのスプーンに高野豆腐のかけらをおいて、上から水を1~2滴たらして、湿ったところに粉薬をかけて食べてもらっています。投薬だけはとっても順調です。
<明日から>
新しい病院に行くことを決意しました。今日は休診日なのであさってから通院します。

<毛はつやつや>
前回、病院で皮膚検査のために塗られたワセリンはすっかりきれいにとれました。ロッピの毛質はなめらか・つやつやではげてないところの毛だけ見ていると健康そのものです。でもハゲは相変わらず・・・。
昨日に引き続き、床材をぐちゃぐちゃに掘り返していました。ゴハンは普通に食べてくれるから安心してますが、床材堀りのもぐら運動はなんのためにしてるのか未だによくわからないです。獣医に「保温」を言い渡されてからロッピのケージの巣箱付近は温度を高め(19-21度)にしてあるのになぁ。もちろん温度低めの場所も作ってあって、ロッピが自分で温かさを選べる状態にしてます。・・・うーむ、なんでだろ。

Rop-Hage8.jpg

<痩せた?>
ブログにコメントを下さってる方からロッピが痩せたように見えるかも?と教えていただいたので、あわてて体重測定をしました。体重は33g。ロッピはもともと成長が悪く痩せハムだった子なので、ロッピにすれば平均体重(33-36g)の範囲内でした。よかった~。
でもやはり、病院に行った日とその次の日はほとんどペレットを食べてくれなかったのでその影響が出てるみたいです。
はっ!!!! でも気が付けば、明日また新しい病院に行くのよね・・・・・。
まずいかな~。またゴハン食べなくなったら30g切っちゃうかな。
うーん、あと1日待った方がいいのかな(- -;)。むむむむむむ。
明日の朝の様子を見てから決めることにします。
<よかった、食べてる>
ゴハンを食べるようになりました。よかった、これで一安心です。
投薬はスムーズすぎるほどスムーズです。
ハゲの状態も変わりません。
久しぶりにもぐらみたいに床材を掘り返していました。

今日はこれ以上特筆することはありません。でも考えることは多数・・・むむむ。

Rop-Hage7.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。