ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<投薬用BOXの使い道>
今ではすっかりお掃除の時の避難所となっている「・投薬用BOX」です。普段硬い新聞紙の上ばかり歩いているので、たまにはチップの上を歩くのも気持ちよさそう♪右にチラッと見えているのは体重測定に使う計量計のお皿です。日々、このお皿の上でミルワームをあげたりひま種をあげたり、ハムを移動させるときに使っているせいか、ハムたちはこのお皿にのるのが大好き。体重測定のときにいきなりお皿に乗せられるストレスをできるだけ減らそうと思って努力してきたかいがありましたわ♪それにしてもたまに降りてくれないのは困るけど・・・(笑)。

dragbox3.jpg

<巣箱でちっこ、回し車でもちっこ>
ところで、ケージを毎日掃除するようになってからのこの1週間を振り返ってみるとショックなことが。それはロッピのちっこ・トレーニングが振り出しに戻ったことです。ケージからトイレを撤去してからはロッピが巣箱でちっこしてしまうようになりました。今日で2回目(T▽T)。最初の1回は最初の日だったので「新しい環境になって怖かったんだろうな~」と思いましたが、このごろけっこう慣れてきた感じだったので、まさか2回目があるとは思いませんでした。なんでだろ~(- -;)?
しかもっ、回し車でちっこする頻度も高くなりました。というか、回し車の方はほぼ毎日だったかも?がーんがーんがーん・・・。
おしっこやうんちのついた汚い床材・巣材を毎日新しいものに交換して皮膚病を防ぐ治療法のはずなのに、こ、これじゃあ悪化しちゃいそうですっっっ!!!がびーん(T▽T)。
明日また病院に行くので、対処法を先生に聞いてみますね。はぅ~。

RopHage11.jpg
スポンサーサイト
<ひたすら破く、掘る>
今日も朝からひたすら床に敷いた新聞紙を掘る→破く→掘る→破くの繰り返しでした。ロッピの朝のシャシャシャッ、ビリビリビリッ、シャシャシャッ・・・は、最近、私の朝のめざましがわりになってます~(- -;)。
今日は久しぶりに回し車にちっこをしていました。トイレがなくなったからどこにするか悩むのは解るけど、「ちっこ車」にするのはやめてくだされ。
うんちの色、形、硬さも良好、食欲も旺盛、あとはハゲだけ!!!!
・・・ってもう何回か同じこと言いましたっけ?
<ハゲが移動してる????>
今日はハムハムたちの里親さんを私に紹介してくれた友人がわが家に遊びにきました。その友人の家にもたくさんのハムスターがいるので、ハムスターのハゲについても聞いてみましたが、やっぱりロッピのような長期間治らない原因不明のハゲは見たことがないと言っていました。ちなみに、友人宅のハムはちょこっとハゲたことがあったけれども、特になにもしなくてもあっというまに治ったそうです。むむむ。

Rop-Hage10.jpg

ロッピのハゲはやっぱりちょこっと広がっている?かもしれません。耳の後ろが前よりもなんとなく薄くなった気がします。
あと、もう1個不思議なことがあって、前は背中の真ん中のちょっと右にあったハゲが、だんだん右側にずれてきている?ような気がします。気のせい? でもなんでだろう、むむむむ?
<とにかく元気に見えますが・・・>
ロッピの見た目はとにかく元気です。あのお寒い木枯らしケージ( ! )にも徐々に慣れてきたみたいで、紙の巣箱ではなく、新聞紙を丸めた筒のなかで寝るようになりました。
ナナのケージも木枯らしケージにしたのですが、現在はロッピの方だけ保温しています。なのでナナには巣材を少し多め入れて、ロッピには巣材はちょっぴりだけど保温することで乗り切ってもらってます。
ところで、最近のロッピはなんだか昼間に起きて夜は爆睡してる気がします。光条件(ハムケージは朝6時日の出~夜9時消灯)や人間の出す生活音など、人間の生活パターンはまったく変えてないので、ロッピ自身の生活パターンがずれているのだと思います。たぶんずれはじめたのは2月後半くらいからで、その頃から昼間にもぐらのように床材を掘り起すことが続いていたので、夜は寝る時間、昼は掘り起こす時間になってしまったのでしょう。獣医にそのことを伝えましたがそれはハゲには影響はしないみたいなので放ってあります。でも、早くハムの自然の状態(夜型)に戻ってほしいです。
<丸からしま状へ?>
そういえばこの前の通院のとき、獣医に気になることを言われました。「ハゲがしま状じゃないですか?」と。
2月初めくらいのときは明らかに円形だったハゲが、このまえのG病院へ通院したときは耳の後ろも薄毛になった感じの「しま状」になっていたんです。獣医の言った「しま状」が「縞状」か「島状」かはさだかではありませんが、よく見ると確かにそんな感じです。
私としては、M病院で2週に渡ってワセリンを塗られたために、ワセリンが取れるまでずっとロッピが頭を掻いていたせいではないのかな~と思っているのですが、本当の理由はよくわかりません。
とにかく、これ以上広がらないことを祈っています。
もうワセリンは塗らないからカキカキしないでねっ、ロッピ。

↓2月初めは円形ハゲだった
sick-hagearea1.gif

↓3月初めはしま状に。(縞状?島状?)
sick-hagearea2.gif
<朝まで堀りまくり>
いつも朝6時~6時半くらいには寝る2匹ですが、今日は8時過ぎまであばれまわっていました。ふかふかの寝床がなくなってしまったので、寝る場所と巣材を求めてひたすらケージの角っこの新聞紙を掘っていました。突然にお気に入りの寝床はなくなるし、大好きだった砂場もトイレもない、そして足元には硬くて平らな新聞紙が敷いてあるだけ・・・。ハムたちにすれば「なんなんでちゅかぁ!!」という状態でしょうね(- -;)。
床に敷いた新聞紙は、ハムたちの踏みごこちを考えて丸2日分の新聞紙を半分に折ったものを敷いてふかふか効果を狙ったものの、当然チップや細切り新聞紙のような踏み心地は再現できませんでした(T_T)。当たり前か・・・。
G病院の獣医さんが推奨するこの飼育方法は皮膚病の予防はできそうですけど、ハムスターが暮らしていて満足感が得られているかどうかがわかりません。といっても、今までのケージでも満足が得られているかどうかはわからないんですけどね。今は、環境が変わったせいで新たなストレスハゲができないことを祈るばかりです。

garan.jpg

<投薬はないけど水洗いの日々>
あれほど気を使っていた投薬が終わりほっとしていたのもつかの間、毎日大きな水槽ケージを水洗いする日々が始まりました。ケージが大きいと掃除がおろそかになる・・・と言ったG病院の獣医の言葉はかなり当たっています。大きな水槽ケージ×2個を毎日水洗いすることは、考えただけでもちょっとブルーです~(ToT)。とほほ。
毎日洗うなら小さいケージの方がオススメですが、ハムの生活空間を考えたら広いケージにしたい。結局、飼い主がどこまでがんばれるか・・・ってことですかね。はぅ~~。
<回し車くるくる>
過去2回の通院では、病院から帰ってくると食欲が激減して回し車もまわさないでひきこもっているロッピだったので今回も心配して見ていたわけですが、昨夜はなんと回し車をくるくる回していました~っo(^▽^)o!! やっぱりワセリンを塗られなければ調子いいのねっ。食欲は微妙ですがお野菜はバッチリ食べてます。それから、久しぶりにひま種をもらってむしろ飼い主ラブラブ度があがったような気も(笑)?

<ケージ内大改造>
さてさて、獣医に言い渡された「飼育環境改善」をさっそく実行に移すわけですが、仕上がりはとっても殺風景でした。前もって獣医さんのハムちゃんのケージを実際に見せていただいていたので覚悟ができていたとはいえ、あまりのケージ内の寂しさに木枯らしがひゅるるる~~~~( ̄▽ ̄;)と吹きまくっております。だってね、だって・・・ホント~にな~んにもないのよっっ、奥さんっっ。(←って誰?)。

↓今までのケージのようす
cage.jpg
↓リニューアル後
cagerenewal.jpg

回し車と給水器はあるけど、はいっ、それだけ。なんて寂しいんでしょ~(ToT)。獣医さんのとこでは回し車も給水器も入ってなかったからもっと寂しい感じでした。。。。。
ものさびしいケージになっちゃったけど、もしこれでハゲが治ってくれれば万々歳です。とにかく1週間後の通院まではこれでがんばってね、ロッピたん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。