ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<気分は大どんでん返し>
新しい動物病院に行ってきました。 前回までのM病院と今回のG病院の考え方にあまりにも差があって(私が)軽いパニック状態になっています。結論を先に言ってしまえば前回のM病院の獣医よりも、今回のG病院の獣医の方がずっと信用できる気がしました。というのも、G病院はハムスター診察を1番の売りにしている病院であり、HPでもハムスター飼育相談をしているし、獣医自身がハムスターの生態に詳しく、これまでたくさんのハムスターを飼育してきて現在も飼っていること、それから飼育相談に長い時間を割いてくれたからです。

M病院とG病院の違いはたくさんあるのですが、なかでも「皮膚検査方法」、「薬の処方」そして「飼育環境に関する考え方」が大きく違っていました。

【各病院の考え方】
●前回のM動物病院の考え方(獣医が5~6人いる大きな病院、ハムスターも診れる)
温度は20度以上に保つ
床材(広葉樹チップ)・主食(実験用ペレット)・ひまわりの種の頻度(週に1~2個)について聞かれ、特に問題なしと判断される
最初から薬を処方される(皮膚検査→抗生物質1週間投与(細菌性脱毛を疑う)→免疫アップの薬投与(当初、腫瘍の可能性があったということと、免疫力低下によるダニの発生を防ぐため))
最終的に、ハゲの原因は不明

●今回のG動物病院の考え方(獣医1人だがハムスター診察が一番の売りの病院、HPあり)
まず最初に飼育環境などについて徹底的に問診(なんと1時間半くらい)
M病院の皮膚検査の方法(ワセリン+掻きとり)や薬の処方の仕方(いきなり抗生剤を処方したり、抗生剤なのにたった1週間だけの処方だったり、免疫向上の薬のこと)について、ハムスター向きの治療ではなく無謀だし、ハムスターは体が小さいので薬はとても慎重に使わなければならないものですと言われた

<今回のG病院の推奨する飼育環境>
・床には切ってない新聞紙のみ、チップは使用しない、巣材は30×1cmに切った新聞紙をたったひとつかみだけ入れる。掃除は毎日~1日おき。
・ハムスターの臭腺のニオイは水洗いしたくらいではとれないので床材交換はマメにしても大丈夫
・チップや新聞紙をたっぷり敷かないのは、糞・尿のついた床材にもぐることで体中に糞・尿をこすり付けているのと同じことになり、皮膚病の原因になる
・トイレ、砂場、巣箱、エサ箱、(回し車)はいらない。つまりケージ内には床材の新聞紙のみという驚くほどシンプルな飼育法を推奨(実際にその獣医もこの方法でたくさんのハムスターを飼育してきたらしい。実際に1匹見せていただいた)。ただし、新聞紙の端を丸めてハムスターがもぐれる筒(穴を数か所あけたもの)をつくってあげる。ものが多くなったりケージが広すぎると掃除がおろそかになり細菌が繁殖して病気になりやすくなる。
・ケージの温度は10-16度でも問題ないが、もうちょっと高めでもいいかも?と言われる(冬眠の原因としては温度、日長もあるがむしろエサがないことが一番大きいらしい)

newspaper-holeside.jpg newspaper-hole.jpg

<そしてG病院の推奨するエサ>
・ニッパイの(ハード)フードと野菜(ビタミン補給)ヒマワリの種を毎日1~2粒
ヒマワリの種→殻に穴が開いてない(=酸化してないもの)を毎日1~2粒与えなければならない(1粒は必須とのこと)→良質の植物性脂肪を補充
・穀類(トリのエサ)は与えなくていいというか、与えない方がいい
・「ハムスターセレクション」について→「僕は反対派です、そこらへんの鳩にでもまいてあげちゃってください」「アガリクスは糖鎖によって免疫力を高めるんですけど、なぜ健康体に糖鎖を与える必要性があるのかわからない」とおっしゃってました(@0@)
・ニボシはカルシウム補給の意味ではほとんど意味がない

<ハゲについて所見>
・検査は毛を数本抜いて顕微鏡でみる方法(M病院のワセリンにかなり批判的だった)
・毛が生えているところと生えてないところの境界がカサカサしていない→カビじゃない
・ハゲている部分が足の内股や手ではない→ストレスハゲの可能性はない、または低い (特に、今回のハゲはもっとも届きにくい首のうしろだし、ストレスハゲの場合は自分で舐めたりかきむしることが多いので手足や口の届きやすい場所にできるらしい)
・皮膚がベタベタしたりフケがあるわけでもない、ダニもいない→細菌、ダニではない
・現段階では原因は不明
・以上を踏まえて、どんどん広がるタイプのハゲではないので「静かなハゲ」と命名されました。

kyabetsufumifumi.jpg

薬はなるべく使わないほうがいいので処方しません、とのことでした。前回の病院でもらった薬も与えなくていいといわれました。環境を改善し、ひまわりの種を与えてみて1週間後にまた通院してくださいと言い渡されました。それでも治らないときはビタミンを投薬してみるそうです。
正直言って、これまで見聞きしてきた飼育方法とはまったく違っていたので、ぽかーん(・o・)という感じでした。でも、それでもしかしたらハゲが治るかもしれないし、細菌性の皮膚病の場合はこの獣医の推奨環境で治ったケースがあるらしいので、今回は細菌性ハゲではないですが、しばらくは推奨環境を試してみようと思います。
スポンサーサイト
<1日延期>
今日は病院に行くのをやめました。ハム的理由ではなく飼い主の都合です。
ハゲは変化なし。もしかすると少し広がっているかもしれません。気のなることが1つ。最近ロッピが回し車を元気に回しているところを全く見なくなりました。夜もほとんど寝てるし。。。これがなにか危険な兆候でないことを祈るばかりです。

Rop-Hage9.jpg

<お気に入り>
投薬に使っているスプーン。このスプーンはいつもミルワームや高野豆腐やアワなどロッピの大好きなものばかり運んでくる奇跡のスプーン☆★なので、ロッピはとても気に入っています♪だからこそ液体の薬をこのスプーンで与えたときに飲んでくれるかな~と期待していたのですがさっぱりダメでした。ちなみに今はこのスプーンに高野豆腐のかけらをおいて、上から水を1~2滴たらして、湿ったところに粉薬をかけて食べてもらっています。投薬だけはとっても順調です。
<明日から>
新しい病院に行くことを決意しました。今日は休診日なのであさってから通院します。

<毛はつやつや>
前回、病院で皮膚検査のために塗られたワセリンはすっかりきれいにとれました。ロッピの毛質はなめらか・つやつやではげてないところの毛だけ見ていると健康そのものです。でもハゲは相変わらず・・・。
昨日に引き続き、床材をぐちゃぐちゃに掘り返していました。ゴハンは普通に食べてくれるから安心してますが、床材堀りのもぐら運動はなんのためにしてるのか未だによくわからないです。獣医に「保温」を言い渡されてからロッピのケージの巣箱付近は温度を高め(19-21度)にしてあるのになぁ。もちろん温度低めの場所も作ってあって、ロッピが自分で温かさを選べる状態にしてます。・・・うーむ、なんでだろ。

Rop-Hage8.jpg

<痩せた?>
ブログにコメントを下さってる方からロッピが痩せたように見えるかも?と教えていただいたので、あわてて体重測定をしました。体重は33g。ロッピはもともと成長が悪く痩せハムだった子なので、ロッピにすれば平均体重(33-36g)の範囲内でした。よかった~。
でもやはり、病院に行った日とその次の日はほとんどペレットを食べてくれなかったのでその影響が出てるみたいです。
はっ!!!! でも気が付けば、明日また新しい病院に行くのよね・・・・・。
まずいかな~。またゴハン食べなくなったら30g切っちゃうかな。
うーん、あと1日待った方がいいのかな(- -;)。むむむむむむ。
明日の朝の様子を見てから決めることにします。
<よかった、食べてる>
ゴハンを食べるようになりました。よかった、これで一安心です。
投薬はスムーズすぎるほどスムーズです。
ハゲの状態も変わりません。
久しぶりにもぐらみたいに床材を掘り返していました。

今日はこれ以上特筆することはありません。でも考えることは多数・・・むむむ。

Rop-Hage7.jpg
<らくちんな投薬>
抗生剤から免疫力アップのための粉薬に変更になって投薬回数も2回から1回だけに減り、しかも投薬時間も決まってなく、さらに食べ物に混ぜて与えるお薬なので保定する必要もないので、あれだけ気を使っていた投薬がものすご~くらくちんになってしまいました。とっても嬉しいけどいささか拍子抜けな感じです。
ところで、今日もハゲの状態はあいかわらずです。

Rop-Hage6.jpg

<ごはん食べれる?>
病院に行って帰ってからまたロッピの食欲が減退してます。通院のストレスだけじゃなくて、皮膚検査の時に塗られたワセリンがまだ残っていてそれが気になってストレスがたまっているようです。普通のティッシュとウェットティッシュで拭いてみたのですが、これがけっこうがんこでなかなかおちません。まさか石鹸で洗うわけにもいかないし・・・・・・・(- -;)。ロッピも砂場で背中をこすっていましたが、それでもなかなか落ちないみたいです。新聞紙を切ったものをケージにたくさんいれて、その中をもぐって遊んでるときに自然に拭き落とされるようにしてみましたが効果のほどはどうかしら。とにかくペレットを食べてください~~。
ちなみに、お野菜と薬入りの高野豆腐はバッチリ食べてます。
<2度目の通院>
今日でM病院に行くのは2回目です。先週よりも1時間遅く18:30に行ったら待合室にはお客が1人いなくてとても静かな病院でした。この前とは大違いっ!!
診察室に入って、さっそく持ってきたダンボールを診察台に乗せると、「今日は・・・・このダンボールはどうしたんですか・・・・・?」とびっくりされちゃいました。そりゃあまぁ、いきなりダンボールもってきたらびっくりするよな~。
「うちの子、驚くと突然走り出しちゃうんで~、台から落ちちゃうと怖いし~、申し訳ないんですけど置かせていただいてもいいですか~? 診察しづらくてすみません~。」とペコペコしてたら「ハムスターって驚くと走り出すことありますよね~、いいですよ~」と快諾していただけました。さすがに、そこまでペコペコされるといやとは言いづらかったかな?
おかげで今日の診察は事故の可能性もなく安心して見ていられました。よかったよかった。でも、ダンボールでそんなに驚くとは、今まで誰も持ってきたことがなかったんでしょうかね?

<保定講座>
あらかじめ電話で「保定のしかたを教えていただけないでしょうか」と伝えてあったので、まず最初に保定のしかたを教えてもらいました。みなさまから教えていただいたとおりパソコンのマウスみたいにつかむ保定方法と、首のうしろをつかむ保定方法を教えていただきました。
お手本を示してもらった感想は、「うーん、この獣医、意外とうまいかも(失礼な発言(^o^;))」。この前のあの下手な保定はなんだったんでしょう・・・(- -;)?同一人物とは思えないぞ。

sick-hoteidown1.gif

保定方法としては、まずパソコンのマウスみたいにつかむ方法がおすすめで、それができないときに首の後ろをつかむ方法をとるみたいです。獣医が言っていたマウスみたいにつかむ方法のコツは、まず利き手で持ち、人差し指と中指をハムの肩に乗せて、ハムの頭をぎゅっとちょっと強めに左右から挟むそうです。力を入れすぎると首の骨を折ってしまうので要注意。実際にその場で私が実践したのを見てもらいましたが、1回だけうまくいきました。

次に首のうしろをつかむ方法ですが、持つ場所は私が実践していた場所で合ってました。背中と腹の模様の境目です。ただ、持ち方がまちがっていました。
指ではさむのではなく、親指と人差し指全体を使ってはさむみたいです。

sick-hoteiside2.gif

<2度目の皮膚検査>
今日も皮膚検査をしました。ワセリン(油)を塗ってスプーンみたいなもので皮膚をこそげとります。最初私が保定していましたが(今日は自分から保定しましょうか?と言ってみた)、最後は獣医が手袋をして保定してくれました。手袋の訳は・・・ロッピは動物病院だとカプカプ噛むんです。おびえているから仕方ないけど・・・。

Waserin.jpg
↑検査のためにワセリンを塗られて毛がぐしゃぐしゃ(T T)。

検査の結果、やはりダニは見つかりませんでした。1週間の抗生剤投与と保温にもかかわらず、ハゲはまったく治りません。
結局、抗生剤の投与はやめて、免疫力を高める粉薬を処方されました。アガリスクなどが入っているそうで、食べ物に混ぜて与えていいそうです。ちなみにハムスターセレクションよりもずっと高濃度のアガリスクが入っているそうです。
それから、ハゲのわきにあったとてもちっちゃな腫瘍かも?というでっぱりは完全に消えました。ひっかいた傷跡は残ってませんが、腫瘍が気になって掻いていた可能性もあるみたいです。でも、原因はまだわかりません。お願い、はやく治って・・・。
ちなみに、粉薬は高野豆腐を水でふやかしたものにふりかけてあげました。

drag2.jpg

<さてさて、病院をどうするか>
今、一番の悩みどころは病院を変更するのかどうするのかということです。ハゲの原因はどこの病院でも解明できないのか、それとも今の獣医が見落としてるのか、または飼い主自身がなにか大事なことを見落としてるのか・・・。
ただ個人的に、免疫力アップのお薬を処方された時点で、「原因がわからないから気休め的な治療の段階に入った」というような気がしています。この粉薬の結果をもう少し見てから、治らないようなら今週中にもう1つ別のちょっと遠い病院にかかってみるかもしれません。ちょっぴりハムスターに詳しそうなそこの病院でも同じ結果なら・・・・・。まだその先のプランは考えつきません。

<料金> 
診察料+お薬代 免疫力を高める粉薬 1びん
計 2,400円
(別途交通費1,900円)
<スムーズな投薬>
正直言って、保定をしなくて済むことがここまで精神的にらくだと思わなかったです。いやがって大暴れするハムの口にむりやりスポイトをつっこんでお薬を飲ませる・・・。ハムのためとはいえ、飼い主としては心苦しい仕事でした。ずっと胃も痛かったし。。。
パン万歳☆!!! 高野豆腐万歳☆!!!

高野豆腐に薬をしみこませて与えるようになってからまだ1日(投薬2回)だというのに、もうロッピはおいしいものを求めておねだりを再開するようになりました!! 現金なやつめ~と思いつつ嬉しい私です(笑)。
朝も、夜もスムーズすぎるくらいスムーズに投薬完了。
今は7~8mmくらいの大きさの高野豆腐に薬をしみこませて与えているのですが、だんだんと高野豆腐の大きさを小さくしていって、最終的には薬だけを飲んでくれるようになるといいな♪と思ってます。もちろんロッピには内緒ですけど(笑)。
高野豆腐はタンパクの塊なので、当分はおやつのミルワームは中止します。それに、高野豆腐だけでもあんなに嬉しそうにしてるし、もう十分に満足だよね、ロッピ?
それから、高野豆腐とパン以外でどんなものが投薬に使えるか試してみようと思います。最初の日にあげた薬付きブロッコリーやアワは、薬つきだと食いつきが悪い上にちょこっとしか食べてくれなかったから投薬アイテムとしては微妙かなぁ。
水分がしみこむもの・・・って考えると乾物かな。もしくは水分を練りこめるもの。または寒天のように固めるのもありかな。。。
うーむ、手っ取り早さではパンや高野豆腐にかなうものはないかも(^▽^)?

kusuri1.jpg

<皮膚の様子>
肝心の皮膚の様子ですが、投薬をはじめてから1週間たつけどほとんど変わっていません。むしろハゲがちょっぴり広がったように見えなくもないです(ToT)。明日通院なので、獣医と話し合って今後の方針を決めます。それから、病院を変えようかどうか迷ってましたが、とりあえず明日はこの前の病院にいってみて、そのときの様子で変更するかどうか決めることにしました。
転落事故防止のための半分に切ったダンボールだけは忘れずにもっていきます!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。