ハム様の闘病日記

わがやのハムハム様(ジャンガリアン)たちの闘病日記です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
<やっぱりダメ?>
鳴り物入りで登場したミルワーム臭付きスプーン。だけど、今朝はさっぱり見向きもしませんでした。やっぱり無理だったのかな~(- -;)。今日はその状態で5分くらい待機。いいかげん腕がしびれてぷるっぷるいい始めた頃にロッピが巣箱に帰ろうとしたので、申し訳ないけどまた捕獲してボックスへ。裏返し方法で指をかぷかぷされつつ投薬完了。
ケージに戻したロッピはそのままトイレに飛び込んで、顔を砂につっこんで激しく薬の臭い落としをしていました。そのあと床材を少し掘ってから巣箱へ戻りました。

<食べ物に混ぜてもOK>
「パンに混ぜて与えたら食べた・・・」という情報を教えていただいたので、病院に電話して、お薬を食べ物に混ぜて与えても大丈夫かどうかを聞きました。結果はなにに混ぜてもOK!!よかった~。これで食べてくれれば保定しなくていいし、かなりストレス軽減です!! さっそくパンを買いに。高野豆腐も試してみようと思います♪

<薬の臭いは・・・>
ついでに、薬の臭いのことについても聞いてみました。ロッピはバニラの香りが嫌いなので、バニラ以外の香りの薬がないかどうか聞いてみたところ、抗生物質自体を変えれば別の香りになるようです。
製薬会社の動物実験ではバニラが一番人気があったのかしら? 人間にとってはちょっとくらい臭くてもいいから、もうちょっと動物が好みそうな香りを開発できないもんかな~なんて思ったりしちゃいました。ぐちぐち。

Rop-Hage5.jpg

<食べたぁ♪>
すごい!!!!!!高野豆腐も、パンも効果バツグンでした!!!!!
嫌いな薬の匂いがついてるのに、ロッピはサクサク食べてるじゃないですかっ!!
これで少しはストレス減らせたかな。ハゲが治るまで、せめてハゲの原因がわかるまではできるだけストレス軽減しなきゃ~。

<今日の結果>
朝は裏返して投薬できた。でもやっぱりうまく固定できない。
夜は食べ物にしみこませて投薬。これは使える手かもしれない♪
スポンサーサイト
<爆睡>
今日もまた朝4時すぎに目が覚めました。でも、昨日の失敗を覚えていたので、まだ投薬はしません。ロッピがもぐら運動をしているのを横目に見つつ、そのまま二度寝しました。
そして6時に目覚ましをかけたのにまったく気が付かず、起きたら7時半でした( ̄ロ ̄∥)!!!
6時に起きると決めたのに、意志弱すぎっ・・・っていうか爆睡しすぎです(- -;)。
またロッピを強制的に起こすはめになってしまった・・・と思っていたら、ロッピが野菜をシャクシャク食べているじゃないですかぁ!!これ幸いとさっそく投薬しました。
あいかわらずバニラの臭いをかぐとダッシュで逃げるロッピ。自分からちゅーちゅー飲んでくれたら嬉しいんだけどなぁ。。。(ToT)。
結局またボックスへ移動。今回はなんとか裏返しで投薬完了。暴れまくっていたけれど、口にうまく薬のビンが入ってしまったのでそのままちゅーっと飲んでいただきました。

<ご飯食べた?>
昨日はペレットをたべなかったのでちょっと心配してましたが、今朝はほんのちょこっとだけ齧った後がありました。どうやら保定のストレスで胃腸が悪化したらしくペレットを食べるのはつらいようです。でもお野菜はちゃんとたくさん食べていたのでとりあえずは一安心。代謝が高いハムスターの体でカロリー不足になるのはとっても怖いので、夜の投薬のときにアワをちょっとあげようかな。お願いだからもうちょっとペレット食べようね?
今日は休診日なので、投薬のことも含めて、明日獣医に相談してみることにしました。

<裏返す保定方法>
教えていただいた情報を絵にするとたぶんこんな感じ?
全体的にはパソコンのマウスの持ち方に似てます。
首を押さえている人差し指と中指には力を入れすぎず、ほかの3本の指で下半身をがっちりもつのがコツみたいです。

sick-hoteidown1.gif

今日の結果:
裏返して投薬できた。でも今日の持ち方はぐちゃぐちゃ。
投薬できたのは偶然かも(T▽T)?

<自分でぺろっ>
夕方に出てきたときに、スプーンにミルワーム臭をたっぷりつけてからお薬をたらしてみたらちょっとだけ自分から舐めてくれました!! ホントにホントにちょっぴりしか舐めてくれなかったけど、保定しなくても投薬できるかもしれないです。 やったー、一歩前進!?
と思ったけど、やっぱりその後は保定しなくちゃ飲ませられませんでした。夜の部も裏返す方法で投薬完了。そしてロッピは巣箱の前でひたすら毛づくろいをしたあと、すごい勢いで巣箱に逃げ帰ってしまいました。はぅ~(ToT)。
ハムの保定はハム飼いならば絶対に覚えておいた方がいいと思うけれど、やっぱりハムが感じるストレスは大きいので必要ないときは保定しないであげたいという気持ちがあります。それに、今回のロッピのハゲの原因はもしかしたら「ストレスハゲ」かもしれないし、原因がわからない以上ストレスは最小限に抑えねば・・・・・・・。病院の看護士さんが言っていたようにハムが自分からお薬を飲んでくれればなぁ。。。と思うこのごろ。明日もミルワーム臭つきスプーン大作戦(?)を試してみようと思います♪
<騒音?>
なんだかよくわからないけど、朝4時に目が覚めました。
原因はすぐに判明。ロッピのケージからガサガサ、ゴンゴンッ、ガサガサと激しい音がしていたせいです。今日もロッピはもぐらのように床材を掘り起こしていました。
そしてゴンゴンッという激しい音は、もぐら・ロッピが床材を掘るときに巣箱が押されてケージの壁にあたる音でした。夜から比べると15cmも移動させられていました(- -;)。
最近床材を掘りまくっているのは、ケージの中が安心できる場所じゃないから?それとも寒いから?
理由はまだわからないけど、ハゲと関係あるのかもしれません。

<食欲不振?>
エサ入れをみたら、今日はペレットをほとんど食べていなかったです。ちょっと心配。
このまま2度寝したら朝6時には起きることができなそうだったので、まだ4時だけどロッピに投薬することにしました。

さっそくボックスに移動してもらって、首のうしろをつかむと、今日は指をかまれて出血しました!! がーーーん。血が出るのははじめてだったのでちょっとショック。。。
まぁ、ロッピからしてみたらそれだけ嫌なことをされてるのだから仕方ない(T_T)。

かまれたことで(?)ふっきれたのか、ちょっと強めにつかんでみました。
そしたら今日は保定するのにかかった時間はたった2分!!!
思い切ってつかんだのがよかったみたいで、昨日よりはずっと手早く薬を飲ませることができた。少しは上達したかな?

投薬し終わったあとケージに返したロッピは、今回は巣箱に逃げ帰らないで、ケージの入り口でぽか~んとしていました。お薬のおわびと栄養補給をかねて、アワを少量とミルワームをあげました。

Rop-Hage2.jpg

<夜はまた・・・>
ロッピが起きてきません。今朝4時にお薬をあげてしまったせいで、そろそろお薬をあげないとまずい時間になってしまいました。あんなに早い時間にあげるんじゃなかった(- -;)。
すでに前回の投与から18時間。巣箱をいじるのはやめると宣言したので、エサ入れをちょっとだけがちゃがちゃしてみました。しばらくしたらでてきたので、さっそく手ですくってボックスへ。まず最初に今日ブログで教えていただいたように人差し指と中指でロッピの顔をはさみ、残り3本の指で固定して裏返してみました。人差し指と中指に力を入れないように気をつけつつ、腰の辺りをがっちり固定。・・・・3回試したけど、今日は会えなく撃沈しました。

というわけで、これまたブログで教えてもらった首をしっかりつかむ方法を試して見ました。今までの中では一番お口が開いたのではないかと思います。といってもすごくうっすらとしか開きませんでしたが(- -;)。なんとか薬のビンの先をくわえさせて、ビンをちゅーっと押して投薬完了。量が正確かどうかはわかりませんが、とりあえずは飲んだので完了です(いいのかな~!?)。今回かかった時間は4分くらい。そしてロッピは巣箱へダッシュでした。

今日の結果:
裏返しても投薬できなかった。
昨日をより下目の部分を力をいれてつかんでみる。
少し保定できた(・・・と思う)。
sick-hoteiup2.gif sick-hoteiside2.gif
<決意表明>
投薬のたびにロッピを無理やり起こすのはあまりにもかわいそうなので、私の生活時間を変えることにしました。ロッピはいつも朝6~7時に寝るので、私が6時に起きればロッピが起きている時間のうちに朝の投薬ができます。
これで少しは投薬するときにロッピが感じているストレスを減らせるといいな。。。

それから、もう1つの変更は夜の投薬時間です。このごろのロッピは夜起きてくる時間が不定期になので、無理やり起こすのはやめて、夕方から夜中までのあいだに自然に起きてきた時間を狙って投薬することにしました。

<結果>
今朝は6時すぎにケージの中を見てみたら、床材をもぐらのように掘り返して暴れまわっていたので、そのまま手のひらですくうように捕まえて、ボックスに入れてから投薬。ストレスをかけないようにおっかなびっくり扱っていたので、またまた投薬量が微妙に量が少なかった気がします。今回も巣箱にダッシュで帰っていきました(ToT)。

夜は夕方17時40分にトイレ・ごはんに軽く起きてきたところをすくって捕まえてボックスへ。
昨日より少し首の下側をつかんでみたものの、私のつかみ方が悪いせいかなかなか保定できません。5分くらい格闘したけれどだめだったので、あきらめて胴体を掴んで裏返しにして、口元に薬を垂らしたら偶然にもうまく飲んでくれました。よかったよかった。
明日もこんな感じだといいな~。

今日の結果:
昨日より少し下をつかんでみた。またもや失敗。
そのままハムを裏返したらなんとか投薬できた。
sick-hoteiup2.gif sick-hoteiside2.gif
あいかわらず最大の問題はなんといってもロッピへの投薬。
保定ができないことにくわえて、保定に時間がかかってハムにストレスがかかってしまうのが問題です。
目標はあくまで「すばやく保定・正確な量を投薬」することです。

<朝のお薬タイム>
朝、正直言って困りました。お薬をあげるには、寝ているハムをむりやり起こさなければならない・・・・。しかも昨日あれだけ嫌なことをしたせいで、ちょっとやそっとでは巣箱からは出てきませんし。。。
しばらく迷いましたが、ロッピが入った巣箱ごとケージから出してボックスの中に移し、出てくるのを待ちました。これも相当ストレスだったと思います。。。またまたひどいことをしてしまった。。。
保定持続時間は1秒くらいでした(- -;)。5分かかって口のわきに液をつけたらロッピ自身がなめました。2滴よりはちょっと量が少ない気がしますが、一応飲んだので終了。
こぼれた薬が私の手について、さらにそのままロッピの体についてしまったせいで、とても嫌がって毛づくろいをしていました。甘くしてあるせいでべたべたします。
ケージに戻すとダッシュで巣箱に逃げ帰りました(T_T)。

drag.jpg

<夜のお薬タイム>
夜も困りました。夜12時まで起きてくるのを待ちましたが一向に起きてきません。仕方がないのでまた強制的に起きてもらいました。保定の仕方を紹介している動画をみながら自分の腕の肉でたくさん練習しましたが、やはり暴れたり噛もうとしたり・・・と実際のハムでは勝手が違うのでうまくいきませんでした。結果は朝とほとんど変わらなかったです。ケージに戻した後にちょっとだけご機嫌をとろうと思ってアワをあげましたが、完全に無視して巣箱にダッシュで逃げ帰りました。

今日の結果:
やはり保定の力加減がわからない。
暴れるとすぐに保定がはずれてしまった。
(ピンクの丸はつかんだ場所)
sick-hoteiup1.gif sick-hoteiside1.gif
<いきなり最大の難関>
薬を投与するにあたって最大の難関は保定でした・・・・・・。
そもそも、ハムサイトのみなさんからいろいろな情報を集めて、さぁこれから保定の練習だ!と思っていた矢先のできごとだったので、当然ちゃんとした保定はできません。いくら甘いお薬だといっても、ロッピが嫌いなんじゃ保定せずに飲ませることはできないわけで・・・。
最初の夜は保定ができずに四苦八苦しました。
ハムの皮があんなにゆるゆるで伸びるとは思ってなかったし、どのくらいの力でつかんでいいものか力加減がまったくわかりませんでした。あまり強くつかむのも怖かったのでゆるめに持ったせいか、20分もかかったのに結局保定はできなかったです(ToT)。ひどすぎ。

Rop-Hage3.jpg

しかたがないので、最初の夜はブロッコリーに薬をしみこませたものと、薬1滴にアワ粒を浮かせたものを舐めてもらいました。でも、強烈なバニラの臭いを不審がってすぐには舐めてくれなかったし、結局舐めてくれるまでにかなり時間がかかりました。
それに、大好きなブロッコリーも変な臭いと変な味がついているせいかほんのちょこっとしか食べませんでした。
これでは投与量2滴はクリアできてないですけどこれ以上無理強いできないので最初の夜はあきらめました。。。。「抗生物質」だからきちんと量をまもらなければならないのに。。。。

<投薬のためにボックスを製作>
下の箱は投薬するときに一時的にハムに入ってもらうボックスです。ただ単にコーヒーギフトの紙フタを裏返して広葉樹チップが入れてあるだけです。大きさは25 × 29 × 8cm。ロッピ様は高さ8cmでも逃げないですが、ナナ様ならもっと高くしないと脱走確実(- -;)。なので、ダンボールに入れて使っています。

dragbox2.jpg
投薬BOX(モデルはナナ)

ボックスを用意した理由は、ケージの中だと作業がしにくいのと、転落事故を防ぐためと、ケージ内 = 嫌なことをされる場所、にしたくなかったからです。

今日の結果:
まったく保定できなかった。
力加減がわからずゆるくつまんだのがよくなかった?
(ピンクの丸はつかんだ場所)
sick-hoteiup1.gif sick-hoteiside1.gif
<病院の雰囲気は・・・>
超有名ハムスターサイトに紹介されていた札幌市南区にある病院で初診。
この病院は獣医だけでも5~6人もいる大きな病院みたいです。
とても人気があるのか、待合室には犬、猫、フェレットなどをつれた飼い主さんでいっぱい。ひとつだけ気になったのが、待合室のおばちゃんたちと獣医さんが話している声がとても大きくて、まるで昔の株取引所か中国の市場か・・・といった感じ(- -;)。ハムハム様たちが余計におびえている気がしてとても心配でした。

<担当医>
診察は30代前半の若い獣医が担当。
正直言って若い医師のことは信頼できないなあ・・・と思いつつも、そんなことも言えずに診てもらうことに。その医師は保定がなかなかうまくできないらしく、「保定がうまくできないなぁ」とか、「この子は暴れる子ですね~」と言っていました。ホントにハムのせい?

保定方法は首のうしろを掴む方法ではありませんでした。獣医の場合は首をつかむ保定方法じゃないとどこかで読んだことがあるけど、そういうものなのでしょうか?
以前に1度だけ行った茨城の獣医は首のうしろを掴んでいたのだけれど・・・・・。
(注:ハムが衰弱しているときには首をつかむ保定方法はおやめください。悪化させる恐れがあるそうです)

carrycase1.jpg
CDケースで作ったキャリーケース
carrycase2.jpg
側面と底に貼るタイプのホッカイロ、壁には空気穴を数個あけてあります
carrycase3.jpg

<さっそく皮膚検査>
ロッピの皮膚検査は見るのも痛々しかったです。
強制的に私が保定係にされました。手をボール状にしてその中にロッピを入れ、ハゲのできた首筋だけを出すようにおさえていました。
最初に直接プレパラートをこすり付けました。
次に、ベタベタする薬をハゲの部分に塗り、2cmくらいのスプーンのようなもので皮膚を何回もこそげとってダニがいないかどうかを検査しました。
すごく嫌がってあばれていて、かなり心苦しかったですが仕方ない。。。

<結果>
ダニはいませんでした。ハゲのすぐわきに小さな盛り上がりがあり、腫瘍の可能性があるといわれました。抗生物質を1週間分処方され、投薬をしてみて細菌性のハゲかどうかをチェックするそうです。

<料金>
初診料+診察料 2匹 
お薬代 抗生物質1週間分
計 4,500円
(別途交通費2,300円)
※薬の成分についてはHPの経緯参照。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。